妊娠・出産・育児の情報サイト


生理だと思っていたらなにか変!妊娠超初期の出血が10日ほど続く

f:id:xybaby_post:20190326091221j:plain

私の場合、妊娠に気づく前、妊娠超初期にあたる時期に毎日毎日出血がだらだらと続いていました。ですが、妊娠だと考えてもいなかった私は確実に「生理」だと捉えていましたし、私用で忙しい時期でしたので、もしかして「ストレス」で、ちょっと身体がおかしくなっているのかも…と思っていました。

私は生理がとても正確な日数で来るタイプで、周期も狂いませんし排卵痛もあります。さらに生理前にも軽~い痛みがあってなんとなく分かります。ですが、その月はなんだか違っていて、生理が近づいていると思われる時期に、茶色い出血がうっすらあったのです。

「あ、もう生理か。今月ちょっと早いなぁ。まあ忙しくしてるし、ちょっとおかしくなっちゃったかな」と思った私はナプキンをあてました。ですが生理が始まるもんだと思っているのに、なかなか量は増えず、茶色い出血が相変わらずうっすらと…です。

3日たち4日たち、トイレにいく度「あれ?」「まだ茶色い」「赤くならないなぁ」「量も増えない」と首をかしげました。出血の量が増えるでもなく無くなるでもなく、赤くなるわけでもないのです。「さすがにおかしい、何か病気なのかな?」という考えもよぎります。

 

そして1週間後「ん?もしかして、もしかすると、私、妊娠してる?」とやっと思い当たった私。一旦こう思ったら調べないわけにはいきません!ネットで妊娠検査薬を注文すると翌日届きました。そして検査…………反応あり!
「え!?私、本当に妊娠してたんや~~!」本当にびっくりしました。
慌てて産婦人科へ診察に行きましたが、時期が早すぎて、検査反応はあるものの胎嚢は確認できず、1週間待って再診、そこで妊娠確定しました。


結局、私は10日ほど出血が続きましたが、その後妊娠確認ができてからは出血が止まり、常に貧血の症状はあるものの健康妊婦で過ごすことができました。お医者さんに出血の理由を尋ねましたが、初期の出血はまあまあよくあることで、鮮血や大量出血でなければ、それほど緊急性は無いとのことでした。でも、不安だった毎日には変わりません。結果オーライですが、「自分の身体の変化には常に敏感でありたいな」と思った体験でした。

f:id:xybaby_post:20190326091229j:plain

著者:さくら
年齢:42歳
子どもの年齢:6歳、10ヶ月

初産で既にカルテに「高齢出産」と書かれる年齢で長男を出産。予想以上に壮絶な出産となり、出産はこりごり…と思っていましたが、娘を授かり、またまた命がけで出産。今は生後10ヶ月。久しぶりの乳児育てを楽しんでいます。皆が眠った後、録画ドラマを見ながらアイスを食べるのが、一番の楽しみであり、貴重なリフレッシュ時間です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。