妊娠・出産・育児の情報サイト


夫と乗り越えた微弱陣痛38時間

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

立ち会い出産に関して夫としっかり話し、夫は仕事中でもなるべく駆けつけられるように職場に事前にお願いをしていました。親は、私は実親義親どちらにも構う余裕がないと思い、産み終えてカンガルーケアが終わるまで居てほしくないと思っていました。

 

正直に夫に伝え一緒に考えた結果、入院時と生まれたときに2回連絡するけど2回目の連絡から1時間後以降の訪問にして欲しい、と両家に事前に伝えることにしました。実母が陣痛開始時から来ることを強く希望していましたが、夫がいるから大丈夫、集中できないから頼む、と言って納得してもらいました。

陣痛が始まってからこのやりとりをする余裕はなかったと思うので、事前に考え、決めて、親に話をつけてから出産に臨めたのはとても良かったと思います。

夫には「立会いのときに何したら良いのか、当日オロオロしないようにググっておいてね」とお願いし、予習しておいてもらいました。

 

夫は土日休みなのですが、39週6日となった土曜の午前2時過ぎ、お腹の痛みで目が覚めました。この頃には習慣化していた前駆陣痛の間隔測定をアプリでしていたのですが、8-9分間隔が1時間続いたため夫を起こして産婦人科に連絡。

4時頃病院に着いたものの子宮口が0.5㎝くらいしか開いてないので出直すよう指示がありました。陣痛はまだ「いたたた…」と顔をしかめるくらいで余裕がありました。

 

昼頃から意識して呼吸しないと我慢できないほど痛くなってきて、夫に腰をさすってもらうようにしました。腰も指でなく手のひらを使って、強すぎず弱すぎず、縦でなく横にさすってもらうと良かったので、陣痛の度に試行錯誤して伝えていました。

痛いとどうしても語気が強くなってしまうので、余裕が出たらすかさず何度も謝り御礼を言いながら、おにぎりやパンでエネルギーを切らさないようにだけして、陣痛の合間に眠っていました。

夫は昼間は眠れなかったようです。

 

 

夜22時。陣痛は7分間隔から短くなりませんでしたが、痛み自体が強く辛かったため病院に連絡。再度受診するも、子宮口1㎝。柔かくなってきてるけど…と帰されました。自宅で私は陣痛と睡眠を数分おきに繰り返し、夫も私の辛い息遣いで毎回目を覚まし同じように腰をさする、寝るを繰り返しました。

 

日付が変わり日曜の午前4時、陣痛は4、5分間隔となりかなり痛い。波が来ているときは悲鳴のような呼吸で痛みを逃すのに必死でした。病院へ行くと子宮口4㎝でやっと入院許可、NST装着。痛い、寝るをひたすら繰り返し、痛すぎて嘔吐してました。

 

朝8時。陣痛の間隔は短くならず、改めて子宮口を見たら2㎝くらいでした。陣痛の中に子宮収縮が弱いものが時々混ざっているとのことで、陣痛促進剤の内服を開始しました。1時間おきに内服でした。

昼前に食事や水分なかなか取れず嘔吐もしていたことや、促進剤追加のため点滴を開始しました。この頃夫の体力の限界を感じ、本格的に分娩室入りする前に休ませなければと思い、近くに遊びに来ていた義母と義妹の来院を許可。義母はつまめそうな食糧をそっと並べ待合室に出て待機、義妹も静かに私の腰をさすっていてくれるなどかなり気を遣ってくれました。

丸1日腰をさすり続けた夫はソファーで仮眠。昼過ぎに子宮口4㎝まで開き、陣痛は2、3分おきとなっていました。私は痛みと疲弊で意識が朦朧としたままでした。

 

15時。子宮口8㎝となり分娩室へむかいます。義実家は撤退して夫に戻ってきてもらいました。ここからのいきみ逃しが大変というか、無理でした。

最大限努力しここ何時間もできていた呼吸法をしようとするも、ピーク時の10秒くらいはどうしても力が入ってしまい、叫びました。夫は

「力が入ってるよ!ふーーーってして!上手、頑張ってるね、大丈夫だよ!ふーーー!」

と、私を必死になだめて呼吸法をずっと一緒にしてくれました。噂のテニスボール試しましたが、力の具合やポジションが難しかったため、私は正座を少し崩したような体勢で自分の足への体重のかけ方を調整する方がやりやすかったです。

夫は肩を抱くように寄り添ったり、正面から抱きつくようにして私が体重をかけたりといった体勢で腰をさすってもらいました。

「本当に無理だから力ませて、もうお腹切って」

とナースコールで助産師さんを呼びつけ懇願したりもしました。

 

16時。子宮口が全開しました。力んでいいよの指示をもらい全力でいきみました。ここから助産師さんの指示で、夫は体操座りの足の間から私を仰向けに寝かせるような体勢になりました。私は上半身を夫のお腹〜股に乗せるような形です。夫の手を握りつぶしながらいきんで、人工破水してもらい、16時20分頃誕生!

 

すぐタオルにくるまれ私の上に乗せられ、夫が臍の緒を切りました。夫は号泣、私は放心状態で38時間に及ぶ激闘が終了しました。

「本当によく頑張ってくれた、ありがとう」

と何度も言われ、子育て中の今も非常に労って、私も子も大切にしてくれるので、立会いができて良かったと思います。

私自身も狂ってしまいそうな状況の中で支えてくれた夫への感謝が絶えませんし、「2人で産んだ」という感覚を強く持つことができました。

両家の親も事前の打ち合わせ通り落ち着いた頃に来てくれたため、負担に感じずに済みました。

 

事前に自分がどうしたいのか、何が嫌なのか考えること、夫はどう思っているのか確認した上で気持ちを伝えておくことは多雪だと思います。

それを必要に応じて上司や親などにも事前に伝えておくことが大切だと思います。

立会い時はそれぞれみんなが必死になるので、前もって準備して臨めると、何事にも代え難い素敵な経験になると思います!

著者:しし

初産婦。早産傾向が全くなかった代わりに、つわりと子宮口がなかなか開かないことに悩まされました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。