妊娠・出産・育児の情報サイト


壮絶な出産!感動の涙!

 

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

出産の痛みは鼻からスイカと言われますが、私は絶対に肛門からスイカだと思います。陣痛の痛みは変化します。まずは、生理痛強め→腰→肛門と子宮へと移動していきます。陣痛の度に助産師さんや家族に腰をさすってもらい、お尻を押してもらいました。とにかく下半身に痛みが集中し、肛門がどうにかなってしまいそうなんです。

 

あまりの痛さに自分でも驚くほど発狂してしまいました。キャーどころではなく、ギャーと。あまりの激しさに酸欠で過呼吸になり吐き気がでるほどの叫び声をあげました。

陣痛の合間は疲れ果て寝てしまいました。でも次第に陣痛の感覚が狭まり、一瞬の休憩もできなくなります。いきみたいけど「子宮口が完全に開くまではいきんではいけない」と助産師さんから言われ、ひたすら力を抜くように指示されます。

 

いきんでよいと言われても、いきみ方があって難しい!

まずは足を立てて広げます。レバーを引き、目を開けてお腹を見る。お尻に力を込めていきむよう指示されました。

陣痛に何度も耐えるのを無限に繰り返し、次第に体力の限界を感じ始めました。途中で諦めたくなり楽になりたい、無痛分娩にすればよかった、このまま気絶したら帝王切開にしてくれるかな、と考えてしまいました。

 

ただ助産師さんが厳しく、ここで頑張りきるしかないと感じました。家族の立会いのお陰で、最後の力を振り絞る事ができました。

最後の3回のいきみは意識を鮮明にもったまま踏ん張れました。最後なんてもう肛門なんてどうなってもいいと、ゆでだこばりに顔を真っ赤にする勢いでいきみました。下半身がぶち破れる感覚が走りました。最後は「この陣痛から解放されるなら会陰が破れても構わない」と思えました。

 

出産は命懸けで本当に体力が必要!会陰処置は痛いけど、陣痛に比べればもう余裕です。出産直後は叫びすぎにより喉が枯れ、になり、会陰決裂でおトイレの度にしみました。

誕生後は感激すぎて一瞬で元気になります!!

涙が出るほど可愛い!!

生まれてきてくれてありがとう!

本当に妊娠も出産も奇跡の連続でした。

 

周りの人にいっぱい迷惑を掛けてしまったマタニティライフも終了です。目に入れても痛くないほどかわいい自分の赤ちゃんです。当たり前のように一緒にいた夫とも里帰りでしばらく離れなくちゃいけないけど、改めて夫への愛情も感じました。

立会いありがとう。何より母親の立会いには感謝で、とても心強かったです。

 

陣痛から出産まで平均15時間というけれど、私の場合は10時間50分と早かったようです。ただその分痛みが凝縮されていたのではと、ベテラン助産師さんが言っていました。

もっと時間が掛かると思っていたところ、赤ちゃんが下りてくるのも早く、その分強い陣痛があったのだと思うとの事でした。また、いいお産だったとも言ってくれました。

お母さんになれてよかった!そのように産んでくれた両親に感謝だし、夫にも感謝。

いつも私のこと見ていてくれてありがとう!幸せな家庭を築いていこうね!

著者:mizufox20

もうすぐお子も3ヶ月になります。

ぶっちゃけ出産より永遠に続く日々の育児の方が地味に大変です。

よく言いますが、妊婦様になってはいけませんでした。笑

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。