妊娠・出産・育児の情報サイト


「悪い子ではない」子どもが自信をなくしてしまわないよう気を付けたい、怒り方 by グラハム子

こんにちは!
5歳3歳兄妹の母、グラハム子です。

子育てをしていると、しょっ中子どもに怒らないといけない場面がありますよね。
むしろほぼ毎日何かしら怒ってしまっている気がします。

 

f:id:xybaby_ope_02:20190807204041j:plain
でもこれがもう当たり前の日常だし、他の家も皆そんな感じみたいだし・・・
あまり気にしていませんでした。

そんなある日。
私がいつものように口うるさくしていると・・・
f:id:xybaby_ope_02:20190807204117j:plain

f:id:xybaby_ope_02:20190807204128j:plain
ドキッとしました。
「悪い子」という言葉は使わないようにしていたのですが、それでも息子は「怒られる=自分は悪い子」と思ってしまっていたのかもしれません。

ここで息子にわかってもらいたいのは、息子本人は全然悪い子ではないということ。
でも何か悪さをしたら、その行為はダメな事だということです。
f:id:xybaby_ope_02:20190807204154j:plain
私が怒るのは行為に対してであって、決して息子の人格否定をしているわけではありません。
そこをしっかり息子に伝えたいと思いました。

なのでそれからは、怒るときは、なるべく具体的な内容を言って怒るようにしました。
そして次からはどうすれば良いかも伝えるようにしています。
f:id:xybaby_ope_02:20190807204221j:plain
これから小学校に上がれば、親だけじゃなく、先生や周りからも怒られる機会が増えていくでしょう。ちょっと気が早いですが、もっと大きくなったら、先輩や上司などに怒られることだってあると思います。

そんな時
(こんなに怒られる自分は、なんてダメな人間だろう・・・)
と必要以上に落ち込んでしまうのではなく、
(自分のした事はダメだった。でも自分はダメな人間ではない。失敗はしっかり反省して、次に活かそう。)
そう思えるような、強い心と自分に自信を持って生きて欲しいと願っています。


子どもに自信をつけさせてあげるのは、親がやれることの1つだと思います。
「子育ては褒めるのが大事」はよく聞くし、子どもの自己肯定感を育むためにはもちろんだと思います。
そして同様に、怒り方もまた大切な気がします。

子どもが自信をなくしてしまう怒り方ではなく、怒られてはいるんだけれど、自分自身のことは嫌いにならないような。そんな怒り方ができるようになりたいと思っています。

 

 

 

 

 

f:id:akasuguedi:20161129082147j:plain

著者:グラハム子
年齢:30代
子どもの年齢:5歳と3歳

いたずらっ子で元気いっぱいな兄妹に振り回されているお母さん。堅あげポテトと甘いコーヒーが好き。 家族が寝たあと夜中にインスタグラム育児絵日記を描いています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。