妊娠・出産・育児の情報サイト


忘れられない出産

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

39週と6日で3642グラムの大きな大きな男の子が生まれました。

その日はちょうど7月8日の朝4時でした。

朝旦那さんを見送って寝ようと思ったのに鈍い痛みで寝れなくなりました。

最初はお腹を壊したのかもしれないと思ってトイレに行っても全然良くならずただの腰痛だと思ってました。笑

その前日はちょうど西日本豪雨で浸かった後でした。

痛くて耐えれなくなった4時間後の朝8時で電話したけど浸かってしまってカルテが見れないと…。

5分間隔になったらまた電話してほしいと言われました。

家には誰もいなくてちょうどその日は実家の家族みんな休みだったのにそこまで連絡することを忘れるくらいの痛みでした。笑

とうとう耐えれなくなった時ちょうどお義母さんが帰ってきて産院に連絡して即連れて行ってもらいました。

着いた時には子宮口は8センチになっててすぐに分娩室に移動しました。

もうその時には助産師さんに着替えてと言われても着替える事も出来ないくらい痛かったです。笑

子宮口見てもらったあとの下着すら履けなくて…笑

お義母さんいるのに後から思うととても恥ずかしかったです。

後はひたすら力んで良いと言われてめっちゃ力んでました。

力むときに私だけかもしれないけど横になって力むとかなり楽になりました。

お義母さんも途中で用事が出来てしまい帰宅してしまい旦那さんも災害のせいでなかなか来れなくて助産師さんに一生懸命お尻押さえてくれながら力むのになかなか破水しなくて生まれる直前に破水してもらいました。

生まれる直前助産師さんを見ると今までに見たことない大っきいハサミ持っててめっちゃ怖かったです。笑

最後は力まなくて良いよって言われたのに痛すぎるのと早く終わりたいの一心で力んでしまって助産師さんに注意されたの覚えてます。笑

生まれた瞬間嬉しくて嬉しく泣いてしまってしまってました。

ちょうど生まれる直前に実家の家族みんな来てくれて生まれた直後の赤ちゃんを見て実家の父も母も妹もとても喜んでがんばったね。お疲れ様って言われてとても嬉しかったです。

実家の母には連絡しろって怒られましたが…笑

病院に最初に連絡してから5時間ちょっとで生まれてとってもスピード安産でした。

その分かなり力んでしまったのか裂けて縫われたけどこれが一番辛かったです。

足がガクガクすぎて広げるのがかなりきつかった…!

その後に血が止まらなくて産褥パッドが足りなくなったので大きい産褥パッドは買って持って来ることをオススメします!

あとは病院がほとんど揃えてくれてるので居るのはパジャマと退院用の服くらい。

爪も伸びたら赤ちゃん傷がつきやすいので爪切りを持って来ると便利です!

痛くて嫌になるけど生まれてきて会えるととてもかわいくてたまりません!

著者:ゆか

男の子のママになりました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。