妊娠・出産・育児の情報サイト


陣痛キターーーーーー!!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

出産予定日当日、朝から産婦人科で内診を受けて自宅に戻ってテレビを見ていた時に、ずぅーんと子宮に響くような重たい感じの痛みが走りました。

お、これはもしかして?と思いましたが、間違いだといけないので、冷静に次の痛みが来るかどうか待つことにしました。

30分後再び同じような痛みが30秒ほど続き、これは陣痛だ!と確信し、すぐに旦那に電話。急いで会社から帰宅してくれることになりました。旦那を待つ間に病院に連絡し、陣痛間隔が10分になったら病院に来てくださいと言われ、時計とにらめっこしながら間隔をメモし始めました。

 

旦那が帰宅し二人で興奮しながらも、とりあえず出産に備えてご飯を食べようということになり、二人でシリアルの昼食をとりました。食べている間にも何度も陣痛が来て、間隔はあっという間に10分を切り、5分くらいまで縮まっていました。慌てて支度をして病院へ向かいました。

その頃には痛みがだんだんと強くなってきていて、陣痛のたびに1分くらいうずくまるほどでした。

 

病院につくといきなり分娩台に乗せられ、出産態勢に入ったのでびっくりでした。点滴で陣痛促進剤を打ってもらうと、間もなく陣痛がさらに強くなり、助産師さんに腰を強く押してもらわなければ耐えられないほどの痛みに変わりました。

旦那にさえ聞かせたくないほど、大声で「痛ーい!!!!」と叫んでいました。

 

いよいよ子宮口が全開となり、出産間近となったため、病室で待機していた旦那が呼ばれて分娩室へやってきました。相変わらず大声で叫び続ける私を見て、心配そうな旦那。「さあ、いきんで!!」と先生から言われ、最後の力を振り絞るように全力でいきんだ直後、わが子の産声が聞こえました。

 

その時は感動よりも何よりも、終わったーーー!!!!という安堵感でいっぱいでした。間もなく、助産師さんがわが子を胸に抱かせてくれて、初めての対面。

私の第一声は、「こんにちは!」でした。そして、心の中で、生まれてきてくれてありがとう!と何度も思いました。

 

確かに陣痛の痛みは想像以上でしたが、わが子に会えた喜びはその何倍も大きかったです。

著者:さとちゃん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。