妊娠・出産・育児の情報サイト


長い長い陣痛からの出産

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

予定日を2日過ぎた日のお昼過ぎ、下痢のような痛みを感じ、その日は1時間に1回トイレに行っていました。

里帰りをしていたため、自分の実家でまったりとしていましたが、15時ころから「もしかして...」と思い、痛みの間隔を陣痛アプリで計り始め、その日は早めにお風呂に入りました。

16時過ぎには5分間隔でお腹が痛くなったので、入院の準備をして両親と病院へ向かいました。

 

病院へ着くとすぐに診察、入院の手続きとなりました。

「明日の朝には産まれるかもね」と言われ、痛いながらも早く赤ちゃんに会いたくて、わくわくしていました。

 

陣痛は5分間隔のまま子宮口も3センチからあまり変わらず、次の日の朝を迎えました。

痛みでごはんもほとんど食べられず、仕事が終わって病院へ来てくれた夫に夜の間ずっとテニスボールで腰を押してもらっていました。

夫も寝れないまま仕事へ行き、朝の診察でも陣痛は5分間隔、子宮口も5センチほどで、「今日の夜には産まれるかなー」という先生の言葉を励みに、痛みに耐えていました。

その日のお昼頃には痛みが少し弱くなり、間隔も7〜8分おきになってしまいましたが、その隙にご飯を食べ少し寝ました。

 

夜になり夫が仕事終わりに病院へ到着すると、再び陣痛が強まり4分間隔、3分間隔と短くなって子宮口も8センチまで開いてきました。

しかしそこからなかなか子宮口が10センチまでいかず、いきみを逃し続け朝を迎えました。

そして陣痛が始まって2日後の朝10時、ついに子宮口は全開の10センチまで開きました。

「次の陣痛が来たらいきんでいいよ」

と言われ4回ぐらいいきんで、ようやく産まれてきてくれました。

長い長い出産になりましたが、やっぱり産まてきた我が子の泣き声を聞いた時はとても嬉しかったです。

著者:えみ

2歳の息子の母です。

現在妊娠中で3月中頃に出産予定です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。