妊娠・出産・育児の情報サイト


息子の肌荒れと格闘

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

息子は周りの子達より肌がとっても弱いです。生まれてから乳児湿疹が出始め、「ちょっとしたらすぐ治るよー!」と言われキンダベートという薬を処方され塗っていました。しかし全く改善されず、気づけば5ヶ月になっていました。

 

5ヶ月になるとヨダレかぶれで口周りが荒れ始め、そこから飛び火のように頬が真っ赤っかにただれるように荒れてしまい、皮膚科もずっと通っていましたがどんどんステロイドが強くなっていくばかりでした。

 

息子の肌荒れが一向に治らないので、私のケアの仕方が悪いんだと自分をすごく責めたこともありました。朝起きて、息子の肌荒れが悪化し泣いたこともあります。肌荒れを治してあげれない自分に腹が立ったこともあります。

 

子供と外出する際、息子を見た人から「肌かわいそうねぇ。早く治るといいねぇ」と善意で言ってくれているとはわかっていても、かわいそうだと思われていることが辛かったです。散歩にもつれていかず家にずっと閉じこもっていました。

 

アトピーならアトピーだと診断してほしい!そっちのほうが気が楽。そう思いながら1日中保湿をし、お風呂上がりにはステロイドを塗る生活がずっと続きました。保湿する回数を増やしたことでましにはなりましたが、なかなかきれいにならず…。

 

そしていろんな方法を試してみて1番息子の肌がきれいになったのが、アトピタの入浴剤でした。

頭、お尻、おちんちんはベビーソープで洗い、体と顔はベビーソープをつかわずアトピタの入浴剤をいれたお湯だけで洗います。そうすると肌の調子がすごく良くなりました。

自分のケアが怠っていると自分を責めてしまうお母さんは本当に多いと思います。でもお子さんの肌荒れはいつか絶対治ります。

一人一人肌にあったものは違うと思いますが、肌が弱いお子さんをもつお母さん方の参考になればとおもい書かせていただきました。

気長に、無理せず、ゆっくり、いろんな方法を試してお子さんの肌荒れに悩むお母さん方達、一緒にがんばりましょう♥️

著者:み

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。