妊娠・出産・育児の情報サイト


まさか自分が帝王切開になるなんて

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

初産は遅れるとも聞いていたし、まだ予定日までは5日もあると思っていました。

しかし夜中、陣痛の間隔を計ってみるとほぼ10分。病院に電話するも、もう少し間隔が短くなったら来てと言われたため、様子を見ていました。

そろそろ5分を切ると思い、明け方近くに再び電話をし、主人に病院に連れていってもらいました。5分おきの陣痛は結構きつく、歩いては止まり、歩いては止まりを繰り返し何とか診察室に着きました。

しかし夜勤の看護師さんが子宮口をチェックするとまだ1㎝になるくらいとのこと「一度帰って」と言われ、泣く泣く帰りました。朝8時。あまりの痛さと主人が仕事に行ってしまった心細さとで、半泣きで実母に電話をし、再び病院に連れていってもらいました。

子宮口はやはりあまり開いていませんでしたが、お医者さんが「入院する?」と聞いてくださったので、何とか帰らずにすみました。

 

しかしそこからがまた戦いでした。陣痛は5分おきにずっときているのに、全く状況は変わらなかったのです。手がしびれてきて焦っていると、看護師さんからは

「酸素を吸いすぎ」

と言われました。しかし別の看護師さんからは

「赤ちゃんが苦しがるといけないからしっかり呼吸をしてね」

と言われました。どうしていいのか分からず、ただただ苦しい時間が過ぎました。すると、突然ドラマでしか聞いたことのないような危険を知らせるアラームのような音が聞こえてきたのです。お医者さんと看護師さんがバタバタと私のところへ走ってきて、何事かと思っていると、どうやら赤ちゃんの心拍が下がっているとのことでした。

 

苦しさと不安で泣けてきて、お医者さんの話は半分くらいしか理解できませんでしたが、緊急帝王切開をすることになりました。陣痛はガンガンくるのに、手術のための血液検査やレントゲンが次々に行われました。私の横で母親が私の代わりに手術の同意書をたくさん書いてくれていました。

 

そしていよいよ麻酔をうちました。といっても、陣痛がくるのに、背中を丸めて動かないでと言われ、麻酔をうつのも一苦労でしたが…。麻酔が効いてくるとあっという間に陣痛は遠のき、一気に「赤ちゃんは大丈夫だろうか、早く会いたい」という気持ちでいっぱいになりました。

お医者さんの処置はとても早く、赤ちゃんにすぐに対面できました。産声を聞いたときは本当に感動しました。予定では主人は立ちあって出産するはずでしたが、あまりにバタバタと帝王切開になったため、立ちあうことはできませんでした。

 

手術室からでると心配そうな顔をした母と主人がいました。娘も私も無事だったので安心したと言っていました。後にお医者さんから

「赤ちゃんは、へその緒を首に二重に巻いてしっかり手で握っていたよ。縄跳びしてたのかな笑」

と言われ、そりゃ出てこないはずだよと笑ってしまいました。

 

ここでハッピーエンドかと思いきや、そこから2晩、私は帝王切開の痛みが痛すぎて寝ることができないというおまけ付きでした。寝返りをうちたくてもうてず、ベッドのリクライニングは看護師さんを呼ばないとできず、本当に苦しい2晩でした。

しかし、人間の治癒力はすごいと思ったのは3日目です。めちゃくちゃ痛かったはずのお腹が耐えられるくらいになっていたのです。3日目の昼には友達もお見舞いに来てくれて、よろよろしながらも娘を紹介して楽しい時間を過ごしました。

 

そんな娘も今や1才。たまに長い布を持って遊んでいるのを見ると産まれたときのことを思い出しては笑っています。

著者:花

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。