妊娠・出産・育児の情報サイト


保育園最後の運動会を見届けたくて…微熱がまさかの高熱に! by 石塚ワカメ

こんにちは。石塚ワカメです。
フリーダムすぎる小2男児と2歳女児、激務で影の薄い旦那と余裕なく暮らしています。

娘も3ヶ月になりだいぶしっかりしてきて、生活のペースもようやくつかめてきた頃のこと。

 

ある朝起きると、身体の節々と喉が痛い。熱を測ると微熱程度。
しかしこの日は、息子の保育園生活最後の運動会がある。「気のせい!」ってことにして家族で運動会に応援に行きました。

f:id:xybaby_ope_02:20190821110542j:plain
しかし、どんどん体調が悪くなる…。でも息子の勇姿は見届けてあげたい…。周りにうつしちゃうことも心配だけど、先に帰ろうにもひとりで歩けないほどつらい…。

どうにか運動会が終わるまで耐え、旦那に支えながら帰宅して熱を計ると、なんと39.5度!
土曜日の午後だったので既に近所の病院は閉まっているし、緊急外来に行く気力もない。

さいわい娘は機嫌もよく発熱する様子もなさそうでしたが、念のため授乳時以外は私から離してもらうよう旦那に伝えてバタンキュー。そこからの意識がなく、懇々と眠り続けました。たまに私と娘の水分補給のために旦那に起こされても、意識が朦朧として呂律もまわらなければ身体も起こせない。

つらい…。なんだこれ…。ああもう死ぬのかも…。死ぬときってこんな感じなのかな…。と、生まれて初めて病気で「死」を意識。

それもそのはず、熱を測ると人生初の40度超え!

f:id:xybaby_ope_02:20190821110648j:plain
(※病気や服用している薬によっては授乳しないほうが良い場合があります。医師にご相談の上行ってください)

前代未聞の数字を目にしてますます意識が遠のき、この日は旦那に全てを任せて眠り続けました。

 

そして翌日─。
昨日あれだけの高熱を出したんだから記憶喪失にでもなってるかと思いきや、どうにか無事でした。身体もだいぶ楽になり、熱も37度に!しかし夜になるとまた38度に上昇。子どもと認知症の実母の世話を旦那に丸投げしてゆっくり休みました。

週明けようやく病院に受診するも、インフルエンザは陰性。血液検査も受けたけど結果は後日になるとのこと。念のため抗生物質と止めの薬を処方してもらいましたが、熱は38度と39度を行ったり来たりでなかなか下がらず。

38度って言ったらけっこう高熱な部類ですが、こうも数日続くと慣れてくるもので、マスクと手洗いうがいをこまめにしつつ、家事育児平常運転でこなせました(というか、こなさないと生活がまわらない!)。子どもが熱を出しても元気な理由がちょっとわかった気がしましたね。
f:id:xybaby_ope_02:20190821110724j:plain
ただ、地味につらかったのが…。私自身も眠れないし、で子どもたちも起きちゃうので、しんどかった…。

 

発熱から5日目。病院に血液検査の結果を聞きに行くと、「マイコプラズマ肺炎」の診断。こわっ!なにその名前、細菌兵器みたいでこわっ!!! 改めて抗菌薬と止めを処方してもらい、翌日から熱は下がりましたが、それから1ヶ月くらいは空に悩まされました。

 

いやはや、子どもを産むまでは滅多に風邪をひかない超健康体だった私。産後は乳腺炎や子どもがもらってくる風邪やインフルエンザなど数え切れないほどやりましたが、こんなにつらいのは初めてでした…。
恐ろしや「マイコプラズマ肺炎」!

今回はさいわい大事には至りませんでしたが、大人でも熱が40度超えて意識が朦朧としているようであれば、早急な受診、場合によっては救急車を呼んだほうがよいそうです。旦那は高熱で意識朦朧とする私を前に何をしたらよいのかさっぱりわからず右往左往していたので、救急相談センターへの連絡先や救急外来を受け付けている病院などを、普段から家族間で共有しておくことを強くおすすめします!!

 

 

 

 

f:id:akasuguedi:20181204111005j:plain
著者:石塚ワカメ
年齢:アラフォー
子どもの年齢:7歳男児、2歳女児

余裕のないアラフォーがフリーダムすぎる子どもたちの成長を絵日記ブログなどで綴っています。著書は「毎日が育ジーザス!!(主婦の友社)」など。

Twitter:@WakameEnk
Instagram:wakameenk

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。