妊娠・出産・育児の情報サイト


夜中の破水

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

二人目妊娠中、切迫早産で入院したものの安静を約束して退院し、家でぐうたらゴロゴロ適当に仕事をしていました。

37週の健診で子宮口が1センチ開いていたので、すぐ産まれるだろうと言われて家に帰るもなかなか産まれず、結局予定日(40週0日)を過ぎました。

予定日は土曜だったのですが、その土日には泊まりではないものの家族も夫も外せない仕事が入っており「この日に産まれたら大変だよねえ」などと話していました。

 

とにかくお腹が空いた予定日の土曜。

家族が誰もいないのをいいことに一人で焼き肉を昼から食べにでかけ、帰りにアイスクリームを山ほど食べました。

夕方保育園に子どもを迎えに行き、夕飯を食べて、お風呂に入れ寝かしつけ終わると夫と家族が帰宅。

「明日も朝早いから」と夫も夜中の11時頃に布団に入りました。

なんとなく眠れずに携帯電話をいじっていると、11時半頃尿意が。布団から出るのめんどうだなーなどと思いながらトイレに入ると…パチン。じょー。

……ん???いや、パチン?

もう一度おしっこをするように力を入れてみる。

出てくる場所、違う。

破水だとわかりました。

 

私は破水をちょっと止めることができたので、お尻に力を入れて寝たばかりの夫を揺さぶると、迷惑そうに片目を開いて「なによ?」と。

破水した」と伝えると一気に慌ただしく飛び起きてくれました。

ただ陣痛も来ておらず、出産まで何時間かかるかわかりません。しかも日曜だから保育園もない。上の子は寝ています。

とりあえず病院に電話すると、当たり前ですが「すぐ来てください」と言われました。

さすがに自分で運転していくわけにはいかないよね、と同居の家族に頼んだら、義母が送ってくれるとのこと。じゃあ行ってくるねと子どもを夫に託して産院へむかいました。

 

看護師さんに「破水だねー」と言われたものの陣痛が来ていないから…と言うまにみるみる痛くなるお腹。それが1時半頃でした。

きたきた、と陣痛を感じ始めました。上の子の時は計画分娩だったので、自然の陣痛はこんな感じかなと思っていました。

検査や手続きが終わり、義母が帰宅して夜中の2時。

真夜中に分娩室で一人で待機していました。看護師さんもいなくてモニターがピコンピコンするたびに一人で痛みに耐えます。

5時頃、急に強くなった痛みに身をよじった拍子にナースコールを押してしまったらしく、「どうしましたー?」と。間違えて押したとなぜか言い出せず「痛み変わってきましたー」と伝えると内診してくれました。

「8センチですね」

「はぁ、10センチになったら家族呼べばいいですか?立ち会い希望なんですけど」

と言うと看護師さんは大笑い。

「もう来ないと間に合わないよ?」

そうでした、二人目でした。経産婦でした。慌てて夫に電話しました。またも慌ただしく夫は義母に子どもを預けて来てくれました。夫がきて2時間、朝になったので仕事先に夫が電話をかけると「お前一人分の仕事くらいなんとかする」と有難い先輩の心遣いを頂き、そのまま立ち会い無事二人目が産まれました。

 

ほとんど寝ていない状態でそのあとすぐ仕事に向かった夫には感謝しかありません。

著者:ひさふく

女の子と男の子の母

アラフォー

幼児番組に大変助けられている

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。