妊娠・出産・育児の情報サイト


私の無痛分娩。迷わずこれに!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

一人目を出産した時の陣痛の辛さ。あの絶え間ない痛み、押し寄せてくる張り裂けそうな腰へのダメージは忘れられません。私は当然叫ぶし、旦那の拳は握りつぶしてしまいました。無事に産まれてものすごく安心したものの、誕生した瞬間、思ったことは「もう絶対ムリ!」でした。

しかし、月日が経てば忘れるよ☆どんな痛みか覚えてないてしょ?と、みんなに言われそうなるのかなぁと思ってましたが、二人目妊娠が判明した時も、絶対無痛分娩で!という気持ちは変わりませんでした。

 

あっというまの10ヶ月。

そしてついに出産!計画分娩で、前日に入院しました。まずは背中に麻酔のルートをいれます。海老反りをするのが辛いけれど、これがないと、麻酔がいれられないのでお医者さんの言われるがまま裸で海老反り(笑)

麻酔ルートを確保して、翌日6時起床しました。

浣腸されてお腹を軽くしてから、陣痛促進剤の点滴をうちます。陣痛がくると、キューという生理痛の痛みがありました。いやぁ、きたきた!すぐに言います。

「先生、痛いです!」そして麻酔を追加してもらいます。その後もすぐに痛みがくると、「ダメです。痛い!」と(笑)。当たり前です。私は医学の力を最大限借りて無事に出産したいと思います。

 

その後は水飲んだり、時間を聞いたり、陣痛グラフをみたり、無痛を満喫しました。

助産師さんが内診して、さぁいきもっか!と、いわれビックリ!私、今10センチあいてるんだ。何これ無痛すごすぎ!

その後何回かいきみで無事に出産できました!!

日本では「痛みに耐えてこそ」とか「愛情の違いが…」など言われますが、私は、こうして生まれた我が子が大好きです!そして、今いるお腹の子もすでに愛しいです!

出産が恐怖でなく、これが最後だなぁって心待ちにできるこの時間も含めて無痛分娩は最高だと思います。

迷っている方、出産が恐怖でしかない方、ぜひ参考にしてくださいね。

著者:R

3人目妊娠中です♡

これがラスト妊婦!!

性別は生まれてからのお楽しみ。

果たして、どちらに!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。