妊娠・出産・育児の情報サイト


想い描いていたマタニティライフではなかった

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠がわかってから出血がすぐ始まり、不安でいっぱいのスタートでした。

それからは薬漬けの毎日で、副作用も酷くて寝たきりに。

 

6ヶ月のときにはシロッカー手術をしました。手術により陣痛が起こりかけてしまい、点滴をして入院する事になりました。病室では一人で寂しいし、この先本当に大丈夫なのかなととても不安になりました。

その後退院はしましたが、家での安静生活でした。最初から最後まで悪阻もあり本当に辛いマタニティライフだった事を覚えています。

 

子供を産むって本当に奇跡で、とても大変で、女の人は凄い役割を担っているんだなとすごく感じました。

子供は36週で産まれましたが今はとてもとても元気に育っています。

あの時辛かった思い出も今は幸せに思います。どんなに辛くてもその先には幸せが待ってます。同じように切迫で入院されている方がたくさんいらっしゃると思います。

治療は辛いと思いますが頑張ってください!

先生、看護婦さんの言う事を聞いていれば大丈夫です!!

 

私は現在3人子供がいますが、このような経験をしたのは1人目だけでした。

なのでもしこのような経験をされた方で、2人目を考えてる方は2人目もそうなるとは限らないので頑張ってください(^^)

著者:シロッカー手術経験

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。