妊娠・出産・育児の情報サイト


お腹の張りが分からない

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠8ヶ月頃のことです。私は妊娠中ずっとお腹の張りというものに鈍感でよく分かりませんでした。先輩ママさんにどんな感じだったか聞いたり、産婦人科でも聞いてみましたが明確にコレだ!という感覚が分かりませんでした。

ところが、妊娠後期に入り朝の通勤途中で突然のお腹の痛みに耐えきれず2月の真冬の寒さの中、路上にうずくまって倒れてしまいました。

幸いにもすぐに1人の女性が声をかけてくださり隣のビルが勤務地だから少し休んで行くよう案内してくれたのです。

するとなんと女性は看護師さんで連れて行かれた先は病院でした。

とても安心したのを覚えています。

ただお腹の痛みはとれず、直感であ、これはマズイな。お腹の赤ちゃん大丈夫かな?と思いました。

産婦人科へと運ばれ、検査していくとなんと陣痛がきていたとのこと。

つまりこれが張りというものだと説明されました。ここまでの強力な痛みにならないと気がつかないとは自分でも驚きです。切迫早産なのでこの日からお風呂とトイレ以外は歩くのを禁止され2ヶ月間とても辛かったですし、職場に一度も戻れなかったので大変な迷惑をかけてしまい反省しています。もっともっと自分の体と赤ちゃんに向き合って慎重に過ごすべき時期でした。どんなに些細な異変でも気づけるようにしなければいけませんね。ちなみに大人しく過ごしていたおかげでお腹の子は予定日ぴったりに産まれてきてくれました。本当に妊娠から出産まで無事だったことに感謝しています。

著者:くまま

30代会社員。一児の母です。

妊娠中はトラブルや不安がたくさんでしたが、現在はなんとかやっています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。