妊娠・出産・育児の情報サイト


ちょっと楽しみにしていたエコーが…

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私は赤ちゃんを授かるまで少し時間がかかってしまったのもあって、妊娠がわかった時はとても嬉しく、健診の時に見るエコーも楽しみにしていました。

まだ赤ちゃんが小さなだけの時、先生に「この白い丸が赤ちゃんね~」って言われた時はそんなに実感がわきませんでしたが、手足が見えてきて少し人間っぽくなってくるととても嬉しく、エコーを見てとても愛おしく思えました。

でもうまくエコーに映らないこともあってなかなか赤ちゃんだ!って思うようなことが多くなって、7ヵ月の健診の時、赤ちゃんが下がってしまっているからエコーに映らないと言われました。

そうは言ってもどこかで何か赤ちゃんの足とか何かしら見れるだろうと思っていたのですが、結局最後まで何だかわからないエコーしか見られませんでした。

また何も見られなかったなぁ…って健診の度、ちょっと寂しかったです。でも、切迫早産にもなり1ヵ月半ほど入院もしましたが元気に赤ちゃんは産まれてきてくれました。

産後エコーの紙をカメラ屋さんで本にしてもらいました。

まともに写っているエコーは最初の2、3枚しかなかったのでどうしようか迷いましたが、せっかくなのでと思って本にしました。

通っていた病院は総合病院で、普通のエコーだけでした。近くにある産婦人科では4Dエコーも見せてくれると聞いていたのでずっといいな~と思っていたのですが、私の場合 赤ちゃんが下がってしまってまともに映らなかったのならどっちでも一緒だったかなと思いました。笑

著者:まきろん

3歳の息子、もうじき幼稚園

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。