妊娠・出産・育児の情報サイト


まさかの連続!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

最後まで逆子がなおらず、38週1日での予定帝王切開が決まっていました。

私の通院していた産院では、帝王切開当日の入院だったため、当日の朝、覚悟を決めていざ産院へ。すると、入院手続きを始める前の診察で、熱が高いことが判明。

実は前日から悪寒と関節痛でとてもしんどかった私。そう、この時期はインフルエンザのピーク真っ只中!普段から風邪も滅多にひかない健康体だったので、自分の免疫力には自信がありましたが、念のためインフルエンザの検査をされることに。検査結果は、、即行で陽性。もちろん予定帝王切開は泣く泣く延期になりました。

「はやく治さないと!」の気持ちが強かったおかげか、次の日には解熱しましたが、菌を体内からなくすため、38週6日での予定帝王切開が決まりました。破水してはいけないと思い、ほとんど寝たきりで過ごしました。

 

そして帝王切開前日の22時半。夜ご飯を食べてくつろいでいるときに、突然生あたたかいものがジャーと…トイレに駆け込むと微量の出血。確信しました。恐れていた破水だと。産院に電話すると「今すぐ来てください」。

23時に到着し、破水が確定。すぐに点滴をいれ、NSTをつけ、説明もままならないまま、ドタバタと準備が進み、全く心の準備ができないまま0時に緊急帝王切開開始!そして0時34分に元気な女の子が生まれました。

予定帝王切開が2度もダメになり、結局緊急帝王切開。いろいろありましたが、子どもが元気にうまれてくたので、結果オーライです!ほんと、妊娠・出産は、最後まで何が起こるかわからないです。

著者:こっちん

現在育休中、年子姉妹育児中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。