妊娠・出産・育児の情報サイト


季節は秋なのに…妊娠初期からまさかの寝汗に悩まされた日々

f:id:xybaby_post:20190327140357j:plain
二人目を授かるため妊活をしていた時のことです。毎朝基礎体温を測っていた私はいつもよりも1度高い基礎体温に「まさか…!」と一人胸をドキドキさせていました。

 

はやる気持ちを抑え、生理予定日を過ぎたころ妊娠検査薬を試してみると陽性反応!何とも嬉しい気持ちでした。

妊娠が判明してからというもの、体温が普段よりも高くいつも体がポカポカしていました。季節は10月下旬。肌寒い日も増えてきた時期でした。長男の時も同じような時期に妊娠が判明し、体のポカポカも経験済みだったので今回も「寒い時期にあったかいなんてラッキー!」くらいに思っていました。

そして11月、妊娠8週目に入った頃のことです。その日もパジャマを着ていつも通りベッドに入り眠りにつきました。数時間後、夜中に寝苦しさを感じて目が覚めたのです。すると首元にじっとりと汗をかき、着ていたパジャマも枕カバーもびっしょりと汗じみが…。夏でもかかないくらいの考えられない量でした。びっくりして思わず「えー?!」と声が出ていた私。すぐに隣の部屋でまだ起きていた主人を呼びました。私の枕と服を見て主人は驚き、そして引く始末…。



それからというもの、度々寝汗をかいては目を覚ましました。汗をかいてすぐに目覚めるのならいいのですが、少し時間が経ってから目覚めるので体が冷えて寒いのです。風邪を引くんじゃないかと心配になったので、色々と対処法を考えました。

まずは薄着で寝る、掛け布団を調節する、寝る前の水分の取り過ぎに注意する、など…。自分で思いついたことは試しましたがいまいち上手くいきません。結局シーツやまくらカバーの洗い替えを多めに購入し、こまめに洗濯ができるようにしたのと、枕元にタオルと着替えを用意して眠りにつくことくらいしか思いつきませんでした。そして「自分でコントロールなんて出来るわけがない!なるようになるさ」と開き直りました。

結局、時々ではあったものの、この寝汗は出産するまで続いていました。体がポカポカ程度ならありがたかったのですが、これには本当に参りました。長男を妊娠したときには全くなかった「寝汗」。毎回違う想定外の体の変化に、妊娠の不思議と奥深さを感じました。

f:id:xybaby_post:20190327135709j:plain

著者:おしゃもじ
年齢:35歳
子どもの年齢:4歳、0歳11ヶ月

わんぱくすぎるお兄ちゃんとマイペースな弟、男の子2人の子育てに奮闘中のママです。ドタバタと忙しく過ぎていく毎日ですが、子どもたちと過ごす時間は何よりも幸せ!趣味は山登り、写真、アウトドア全般。子どもたちが大きくなったら一緒に登山をするのが夢です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。