妊娠・出産・育児の情報サイト


息子と娘それぞれ違う、やる気になる声かけ by グラハム子

こんにちは!5歳息子、4歳娘の母、グラハム子です。
うちの子達は年も近い分、兄妹というよりはほとんど双子のようで、何でもほぼ同じ時期に同じことをして育ってきました。 

 

 

例えば自転車。息子用に先に買ったのに、「アタチも欲しい!!」と娘が泣くもんだから、結局娘の分も買い、同じ時期に練習して、同じくらいの時期から乗れるようになりました。

持ち物もそうです。
この前は、息子がお泊まり保育で枕が必要ということで(年長のみお泊まり保育がある)、買いに行ったら、もれなく娘の分も買わされました。普段家で枕なんて使っていないのに(笑)

もう何でも同じじゃないとダメなようです。

そんな、いつも同じように育ってきた我が子達ですが、ふとした時に、息子と娘でやる気になる方法がちょっと違うな〜と思うこともあります。
今回は、そんな息子と娘のちょっとした違いについて描こうと思います。

 

うちは高台に建っており、家に入る時は必ず階段を上らなくてはいけません。
この階段が、疲れている時にはなかなかしんどい。f:id:xybaby_ope_02:20190902114717j:plain
このままだと時間だけが過ぎてしまい、結局私が2往復抱っこして上るハメになってしまいます。

そんな時、

娘には
f:id:xybaby_ope_02:20190902114738j:plain
この先に待つ楽しいことをイメージさせて頑張ってもらうのが効果的。

一方息子には
f:id:xybaby_ope_02:20190902114800j:plain
このように、ヒーローのように助けてもらうことで、
気持ちよく行動してくれることが多いです。

目的は同じ「歩かせる」なのに、息子と娘で効果的な声かけの方法が違うから面白い。


もちろんこれはうちの息子と娘の場合なので、同じ男の子・女の子でも、必ずしもこれが効果的というわけではないと思います。
頼られるのが好きな女の子だっていますもんね。

 

子どもが言うことをなかなか聞いてくれない時、(こんな言い方はどうかな?)(ダメか〜じゃあこうしたらどうかな?)と、わが子に合った声かけを探すのも楽しんでいます。
そして効果的な方法を見つけた時は、よっしゃあ!!と心の中でガッツポーズしています。

その子その子に合った声かけ方法を見つけて、親も子も気持ちよく生活できたらなと思います。

 

そんなことをゆるく心がけて過ごしていたら。
つい先週の話。
f:id:xybaby_ope_02:20190902114845j:plain
f:id:xybaby_ope_02:20190902114858j:plain
こちらが何も言わなくても、サッと助けてくれました。
だんだんと頼れる男になってきた気がします。


子育てって日々試行錯誤。
でもだからこそやり甲斐があって、大変で、辛くて、楽しいんでしょうね。

 

 

 

 

f:id:akasuguedi:20161129082147j:plain

著者:グラハム子
年齢:30代
子どもの年齢:5歳と3歳

いたずらっ子で元気いっぱいな兄妹に振り回されているお母さん。堅あげポテトと甘いコーヒーが好き。 家族が寝たあと夜中にインスタグラム育児絵日記を描いています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。