妊娠・出産・育児の情報サイト


もういやだ、の先に

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

初産予定日4日超過後、約1日半の波のある陣痛に耐えて、やっとの入院でした。しかしその後もなかなか間隔は縮まらず。旦那と母親が交代で付き添ってくれ、タイミングによってどちらかに立ち合ってもらう形を取ることになりました。

以前、臨月を迎えた私に母は「あなたを産む時(私は3,900グラムのビッグベビー!)"もういやっ!"って叫んじゃったよ。諦めたくなっちゃったっけなぁ」とぽつり。その話を聞いた時には、正直、(お腹の赤ちゃんにそんなマイナスな言葉は聞かせまい!!)と思っていました。

 

しかしその32年後、「もう、いやだ。つかれちゃった。つらいよ、痛いよ...」と旦那にぼやいてしまいました。長丁場に体力と気力が底をつきかけた姿を見かねて、旦那が最後の歩行に連れ出してくれたことがきっかけで破水→LDRへ移動し、これまでが嘘のようにするりと出産しました。

 

破水後には母も病院に到着。二人に見守られながら我が子は無事、誕生しました。「もういやだ」と言った32年前の母の気持ちが今なら痛いほど分かります。「もういやだ」を聞いた旦那の行動がなければもっと難産になっていたでしょう。赤ちゃんが人生をスタートさせるその日、その時まではあと少し!最終的にはそう思わせてくれた二人の立ち合いに今では本当に感謝しています。

著者:こすけ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。