妊娠・出産・育児の情報サイト


まさかまさかの……

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

その日は予定日の前日。従姉妹とご飯を食べに行きました。予定日前日だけど産まれる気が全くしなーいなんて話してました。

予定日当日。あれ?お腹が痛い。食べ過ぎたかな……と思いトイレに行くとお印が。すぐに母に報告をし、朝も早かったので陣痛がきてもいいように仮眠をとりました。けど、、、眠れない。陣痛の間隔アプリをつけるけどマチマチでよく分からず。そこから昼まで我慢したけど、間隔も短くなった気がし、病院に電話をし、受診をしてくださいとの返答。

そこからは入院グッズを母の車に乗せ、なんとか辿り着き、分娩台に乗ったけど出産はまだまだとのこと。産む時に体力使うから力まないでー、痛みを逃してー。内心、無理無理と思いながら頭の中は母に言われ続けた「出産時は叫ぶべからず」叫ぶことで体力が奪われるし、周りがビックリするからやめなさいと。なんとか声を殺しながら痛みに耐え、経産婦さんが来たから分娩室から陣痛室にうつってくださいと助産師さんから言われ移動するのに必死。辛かったー。

 

夕方には県外から来てくれた夫の顔を見て安心したものの、一向に産まれる雰囲気ではなく、助産師さんがきてくれ痛み逃しで腰を押してくれる場所も強さもジャストミート!!もーずっと居て欲しいと思いながら夜になっても赤ちゃんは一向に降りてこず。「吸引分娩でしょーねー」と言われてたけど、「このままだと難産になり、帝王切開になりうるので、うちでは夜できないので総合病院へ搬送します」という先生からの一言。色々なことが頭をよぎってる時に消防士さんが運んでくれるためにきました。

 

え!?みんなイケメン……と人生で一番、歪んだ顔と最高体重をこの殿方に担がれるのね、そんなことを思いつつ、救急車で大きな総合病院運ばれました。そこからすぐ検査やら何やらで、、、正直、早く手術してー痛みから解放されたいと願うばかり。「うん、赤ちゃん降りてきてるから吸引分娩できるよ。」今の痛みしか見えてない私にとって絶望でしかありませんでした。そこからなんとか吸引分娩で生まれ予定日の日に産むことができました。

 

名前を決めてたこともあり、予定日に生みたかった私にとって、奇跡的でした。今となっては痛みに弱い私への親孝行で赤ちゃんは降りてきてくれたのかなって思います。産まれた感想は正直、やっと解放されるっていうのが正直な感想でした。産んでからも会陰手術されてあの痛みに比べたら屁でもなく意外と元気でサッカーの日本戦について先生と話しながらだったのを覚えてます。

産んでから1ヶ月経ったぐらいにもう一人子どもが欲しいなぁと思えるようになりました。不思議だなー、あんなに痛かったのに(笑)あとストローやらドリンクやら準備してたのに気が動転してて、使わず。むしろ母の車に乗せたまま。絶対あった方がいい。二人目のチャンスがあれば、この点に気をつけたいと思います。我が子も生まれて早、7ヶ月。可愛くて可愛くたまりません。これから出産される方。痛みは終わる時がきます。頑張ってください。

著者:えりんぬ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。