妊娠・出産・育児の情報サイト


38週頃から妊娠高血圧症候群に。誘発剤、バルーン、促進剤…子宮口がひらかず、結局、帝王切開で出産

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私は無痛からの緊急帝王切開というちょっとレア?な出産を体験しました。

 

妊娠中は特にトラブルもなく過ごしてましたが、38週を過ぎた頃から突然妊娠高血圧症になってしまいました。先生からは、リスクがあるのでなるべく早く産みましょう、と言われました。

しかし出産予定日1日超過の健診の時点でもまったくなんの兆候もなく、妊娠高血圧症、尿蛋白プラス、高齢、子宮口が遠すぎかつ閉じすぎの状況、担当医師の判断で、翌日から入院決定。

 

入院初日と2日目、誘発剤投与。

これは陣痛促進剤とは違い、まずは子宮口を開かせるお薬でした。これで子宮口が開けばあとは促進剤を使い陣痛が始まるんだと心の準備は万全!

けれど2日間、まったく子宮口は開かずでした。先生の言葉を借りれば、微動だにしない。(笑)

 

3日目にはバルーン挿入&誘発剤の処置になりました。先生の指が届かないくらい子宮口が遠く閉じきっていたため、バルーンもなかなか入らずかなり無理をして挿入していただきました。もちろん、激痛(涙) けれどこれで今度こそ子宮口が開き赤ちゃんが降りてくるはずだ!と信じていました。

 

結果、まったく反応なし!

この赤ちゃん、どこまでもお腹の中が心地良いみたい。。。

私が陣痛室に入院してから丸4日、何人もの人の陣痛に苦しむ声、時には雄叫びを聞き続け、無事出産された産声を聞いていました(ちょうど満月の頃で多かった)。もはや、陣痛室の重鎮。この時は焦りと、陣痛室にいるのにまったく痛みがなくベッドを占領してる自分が情けなくなってしまいました。

 

そこで先生より提案があり、明日もバルーン&誘発剤でなんの兆候もなければ、帝王切開の心づもりもしといて下さい、とのこと。高血圧は悪化はしてないものの依然高めをキープしており、その日は木曜で、土日は誘発や促進剤を使えないのでこれ以上の引き延ばしはリスクがあるとの判断でした。

入院4日目にあたる金曜は、午前中で反応なければ帝王切開に切り替えるという段取りになりました。

 

そして朝からバルーン&誘発剤の投与。

すると、赤ちゃんの心拍が連続で落ちるという自体が起こりました。この時は不安で不安で、なんでもいいから早く出してあげて!という気持ちでした。

そんな事もあり、内診でもまったく子宮口に変化はなく、先生からは「下から産まれるビジョンが見えない」との名言をいただきました。(笑)

そして当初の判断通り、緊急帝王切開が午後イチで決まりました。

そこからは早かった。あれよあれよと言う間に手術室にて赤ちゃんが誕生したのでした!

部分麻酔で意識はあるのですぐ顔を見せてくれて、やっと会えた安堵感から大号泣してしまいました。

 

結果、タイミング的にバッチリだったのです。

ストレスからか羊水の中でウンチをしていたらしく、土日を挟んで引き延ばしていたらさらにリスクがあったとのこと。

冷静で的確な判断をしていただき、担当の先生には感謝しかありません。あと、事前に帝王切開の可能性を示唆していたため、麻酔科の先生に伝える猶予があったようで、予定帝王切開の時しか付けてくれない術後用の痛み止め用の管も付けてくれたそうです。

お陰で術後しばらくは、全然痛くなかったです。

こんな経緯で、緊急帝王切開なのに陣痛未体験出産になりました。

術後はそれなりに痛いし辛いし大変でしたが、陣痛からの自然分娩の方がはるかに痛かったんだろうなと思います。痛みに弱く持久力のない私にとっては、1番いい出産だったような気がします。

そして入院が長引いたので費用が膨らみましたが、帝王切開ゆえ保険が使えたのはラッキーすぎました!なかなか出てこなかった息子、産まれる前から親孝行してくれたのかなと思ってます。

著者:モケ子

アラフォー主婦、顕微受精を経て帝王切開で無事第一子となる男児を出産しました。仏のような旦那とかわいすぎる猫と4人暮らしです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。