妊娠・出産・育児の情報サイト


胎児発育不全で入院することに。小さいけど元気に出てきてくれた赤ちゃん

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠25週で赤ちゃんが小さいと言われ経過観察していました。

小さいままなので妊娠31週で大きい病院に転院となり、それから血圧が徐々に上昇し妊娠33週で妊娠高血圧症候群と胎児発育不全の診断で入院になりました。

 

途中から安静のためMFICUの個室管理になり、入院中は不安と心配と身体のきつさで毎日泣いていました。

今まで楽しみだったエコーも毎回恐怖。ご飯も頑張って食べてるのに赤ちゃんが大きくならない…辛い。きつい。

 

そして出産当日にサイトメガロウイルス感染があると説明されました。

何それ!?とネット検索すると…怖いことが書いてある…

すでに促進剤を使用してお産することが決まっていた為、泣きながら陣痛の痛みに耐えました。

もうすぐ会える!

赤ちゃんも頑張ってるから頑張る!

と自分に言い聞かせながらがんばりました。

1ヶ月早い出産になりましたが、体重1482g、身長40.6㎝で小さいけど元気に泣いて出てきてくれました!

 

周りも何事もなく出産してるし自分だって大丈夫!産休は何しようかな〜♪と呑気にしていた矢先に転院からあっと言う間に出産になり、楽しいマタニティライフにはなりませでしたが、我が子を抱っこして今までの不安が吹っ飛びました。

すごく可愛くて愛おしいです。

著者:はる

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。