妊娠・出産・育児の情報サイト


万年冷え性が妊娠初期に悪化!足首の冷えに私が試したこと

f:id:xybaby_post:20190327122920j:plain
冷えは、万病のもとであり、女性の大敵であり、中々改善してくれない症状ですよね。  

私は小学生の頃から気づくと冷え性でした。

冬はもちろんのこと、夏でも太ももや足先が冷たくてひやっとしています。むしろ温かったことなんて、お風呂上り直後かコタツに入っているときぐらいなものです。 そんな体質だったので、妊活中も冷え性対策は余念なくしておりました。

 

妊娠が判明した4週5週頃。

高温期も一旦落ち着いてきたそのぐらいの折から、冷えが悪化の一途を辿りました。妊娠すると冷えがひどくなるとは聞いていましたが、本当だったのですね…。

それに加え、季節は冬、真っ盛り。その年は比較的暖冬だったのですが、それでも体の芯から冷える「冷え性」はそれを大きく上回ってきます。

特に私が悩んだのは足首の冷えです。

太もも、ふくらはぎは暖かいレギンスやタイツを履きますし、足先はモコモコ素材の見るからに暖かいスリッパを履けばなんとかなります。

けれど、妊婦さんが一番冷やしてはいけない足首が…冷える!!!

 

 

足首まである靴下を履いているのですが、どんどん冷えてしまうのです。「冷え性も重度になってくると、流産の危険性が高まる」など、あまり良くないウワサもあったので、どうにかして足首を暖めなければならない…!そう思った私は、インターネットでいろいろな情報をかき集め、実践していきました。

その中で私が個人的に良かった足首の冷え対策をご紹介します。
1、足首だけのレッグウォーマーを履く。→普通のレッグウォーマーだとふくらはぎまであって野暮ったいですし、歩きづらいですよね。

でも最近は足首だけのレッグウォーマーもあるので、私は家ではレギンスとあったか靴下の上から重ねて着けました。

2、湯たんぽを布団の足元に設置する。→夜、気になるのが足先・足首の冷え。けれど寝るときには靴下はどうも履きたくない…。

そんなときに重宝したのが湯たんぽでした。私は充電式の繰り返し使えるジェルタイプを使用していたのですが、ほどよい温かさで快適でしたし、妊娠初期の眠りにくさも少し改善されて一石二鳥でした。

 



あくまでも私が「ちょっと効果あるかも?」と感じたことなので、万人の妊婦さんに会うとは思いませんが、ちょっと試してもらう価値はあるかなと思っています。

ひと口に妊娠、冷え性と言っても千差万別。トライ&エラーでやっていくしかないんだなぁと感じた、そんな日々でした。

f:id:xybaby_post:20190327122011j:plain

著者:ドロップ
年齢:27歳
子どもの年齢:0歳(5ヶ月)

社会人となって配属された土地で主人と出会い、結婚を機に退社。待望の第一子を授かり、子育て中の20代後半母です。 地元でない土地で親の助けなし、友達もなし、仕事もなし。 そんな『なし』づくしですが毎日明るく元気に生きてます!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。