妊娠・出産・育児の情報サイト


幼稚園激戦区なのに幼活に出遅れた!「とにかくツメ跡を残す」作戦で挑んだら… by うえだしろこ

こんにちは!うえだしろこです。
現在二人の男子(長男 桃太郎 6歳、次男 金太郎 3歳)を絶賛子育て中でございます。

 

 

次男の妊娠がわかり、退職を決意した私。
その後、数ヶ月の勤務を経て退職しました。

 

退職して、さぁ、あとは出産するのみ!・・・とはいかず、
その前に、長男の幼稚園入園考査が控えていました・・・!

今回は出遅れた幼稚園入園活動について書いています!

それでは、どうぞ!

f:id:xybaby_ope_01:20191002115816j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20191002115828j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20191002115838j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20191002115847j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20191002115859j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20191002115909j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20191002115919j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20191002115932j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20191002115943j:plain

 2回の妊娠期間をトータルで考えても、この時期が一番精神的にも肉体的にも辛かったと思います・・・!

とにかく「全部落ちたらどうしよう」というプレッシャーが物凄かったです。


朝早くから並べば申込順に入園できる、というような幼稚園は皆無で、
どこの幼稚園もガッツリ入園考査があり、
皆そのために希望の園のプレやイベントには漏れなく参加している感じでした。

 

早いところでは6月から入園説明会があったり、
親子教室やプレ入園、バザーなど1学期で終わってしまっているところも多く、
遅れを取った分、出来る限り熱意を伝えられるよう、
残ったイベントには全部参加し、見学や個別に面談してもらったりと、
とにかくツメ跡を残すべく頑張りました。

 

願書も隙間なくびっしりといかに入園したいかを書き、出来る限りの熱意を伝えた結果、幸運なことに、第一希望の幼稚園から合格通知をもらうことができました・・・!

息子も、突然始まった幼稚園活動、よく頑張ってくれたなぁと思います。

格通知をもらったタイミングでいよいよ臨月に突入しましたので、
ようやく出産に向けて安心できたことを良く覚えています。

 

f:id:akasuguedi:20180605122914j:plain

著者:うえだしろこ
年齢:30代
子どもの年齢:6歳、3歳

真面目さとズボラさを併せ持つ、男児二人兄弟(長男 桃太郎 6歳、次男 金太郎 3歳)の母。息子たちとの愉快な日常をInstagram@shiroko_u)にて綴っています。

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。