妊娠・出産・育児の情報サイト


破水→入院したのにお産が進まず…。なのに入院4日目に急転!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

子宮頸管が短く、自宅安静を言い渡されていた私。

 

ついに妊娠37週に入り、気合いをいれて散歩に行きました。

その翌朝、寝ている時に違和感を感じ、トイレにいくとまさかの破水

初めは尿漏れかとも思いましたが一応病院に連絡するとすぐ来てくださいということだったのでタクシーで病院へ向かいました。

破水と確認でき、そのまま入院に。このとき子宮口の開きはまだ1cmほどでした。丸1日陣痛を待ちましたがその日は何も変化なし。私の母が破水した後すぐに生まれたので、期待していたわたしは少しがっかり…。

翌日からは陣痛促進剤を投与し様子を見ることになりました。

 

 

陣痛促進剤を投与したら今度こそすぐにお産が進むと先輩から話に聞いていたので、期待と同時に不安も大きく、立ち会い出産希望の主人にも仕事を休んでもらいました。

ですが結局入院3日目になっても子宮口が数cm開いただけで大きな変化なし。24時間点滴を投与され、NSTも繋がれているためすごくしんどかったですが、赤ちゃんも頑張っているので我慢。

入院4日目には、主人にも母にも仕事に行ってもらい1人で粘ることにしました。ところが朝9時から促進剤を投与し始め、10時頃には10分間隔で、手すりにしがみつかないと耐えられないほどの痛みが…。

でもこんなにすぐ陣痛がくるとは思っていないのでまだ前駆陣痛と思いひたすら我慢。痛みが続くため、11時頃に様子を見に来た助産師さんに相談し確認してもらったところ、まさかの子宮口9cm!

すぐに主人に連絡し病院へ来てもらうことに。陣痛の間隔もどんどん短くなっていたのに、家族に連絡をしたり時間の計算をしたり、どこか冷静な自分がいたことにはびっくりです。

分娩室の準備が整い移動したのが12時頃。主人も12時過ぎには到着し、いきみ逃しの最後の数回は手伝ってもらうことができました。12時半ごろにはいきんでオッケーの指示が。13時13分に無事出産。

 

 

37週4日での出産ということもあり、2550gの小さめの赤ちゃんでした。そのおかげか、会陰切開もなく、分娩時間3時間17分の超スピード出産でした。

 

著者:まいまい

2019年1月18日、26歳で第一子出産。現在育休中ですが、来年には仕事復帰予定です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。