妊娠・出産・育児の情報サイト


不眠不休の40時間

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

出産予定日までなんの徴候もなくのほほんと過ごしていました。

予定日だった日の診察では、主治医に内診でグリグリされて「これが陣痛くるようにお守りだから耐えて!」て言われて悶え苦しみました。

その日の夜8時から5分間隔の痛みが始まりました。だけど生理痛の重い時ぐらいだったので「いよいよか。にしてもまだいけるわコレ!」と余裕の私で旦那さんも呆れてました(笑)

24時過ぎてからは5分間隔は変わらないのですが、さすまたのような棒でお腹を全力で押されるような凄まじい痛みでした。一睡もできず朝を迎え、いつもは食べ過ぎな私もおにぎり半分食べるのがやっとなくらいにへばってました。

 

その日両親に頼んで病院へ連れて行ってもらい、診察の上入院になりました。

入院してから変わらず5分間隔ですが少しずつ痛みがましてきて、夜のせいで気も紛れず辛くなってしまいました。誰も使用していないため、看護師さんのご厚意でLDR室で休むことになりました。看護師さんが側にいるって安心感とゆったりした音楽のおかげか、幾分か気持ちも和らぎました。しかし痛くて仰向けにもなれず、かといって横向きにもなれず、部屋のなかを痛みに耐えながらうなっていました。ベットの柵を叩いたりうろついて回ったり、まるで動物のようでした(笑)

 

出るわけがないのに痛みをまぎらわすため、トイレにも何回もいってました。

旦那からは連絡もなく「ひどいもんやな。自分のことじゃないからって冷たいわ」と寂しく思っていましたが、後から聞くと連絡して辛かったらどうしようと思って連絡できなかったという変な優しさからだったようです(笑)

 

そしてまた一睡もできないで二日目の朝を迎えました。あまりにしんどくて先生の回診時には半べそかいてしまいました(笑)今思い出しても恥ずかしいです。

 

先生と看護師さんに優しく励まされ、促進剤を使ってのお産に変更となりました。すぐに痛みがお腹刺されて開かれてるんじゃないかって思うくらいになり、家族も付き添ってはいなかったので、看護師さんに対して「どこにもいかないで!側にいて!」「腕掴ませて下さい。人の腕握りたいんです。安心したい」と言ってみたり、また柵を叩いたりで人生で1番乱れた瞬間でした。

 

陣痛から40時間でやっと産まれた時は、感動の前に「終わった!やっとや。解放されたんや!よっしゃー!」て気持ちが強すぎて我が子への実感が追いついてきませんでした(笑)

著者:みっきゅん

4カ月女の子のママ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。