妊娠・出産・育児の情報サイト


前駆陣痛と陣痛の違い

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

予定日の晩御飯はホルモン鍋を食べました。

帰りにマンゴージュースを飲んで、歩いて帰宅しました。お風呂に入って主人と雑談中、生理痛のような重い痛みがありました。これが陣痛かな?と思い陣痛アプリで間隔を計ると、8分くらいのが3回続きました。夜中12時頃でした。

まだ耐えれるレベルだったのでそこから1時間ほど計り続けました。

 

徐々に痛さが増し増していき病院に連絡すると、「では一度来院ください」と言われたので、タクシーで向かいました。

 

病院につくとさらに痛さが増してきました。車椅子に乗せてもらい、陣痛室と言う部屋に行きました。この時点で結構痛かったのですが、後から思うと全然序の口でした。この後本当の陣痛と向き合うことになります。

 

夜中2時から朝の7時位まで冷や汗が出るほどの痛みが5分間隔であり、朝の8時になると痛さのあまり涙がこぼれてきました。でも後から考えるとそれでもこんなの序の口なんです。

 

朝の8時になり子宮口がどれだけ空いているかチェックされたのですが、子宮口チェックが激痛過ぎて叫んでしまいました。

ですがその段階でも3センチから4センチしか開いていなかったので、助産師さんには「明日になるかなぁ」と言われ、ぞっとしました。

それから2、3時間おきに子宮口のチェックをされるのですが、だんだん痛さはピークに近づいているので、時間が経つにつれて激痛でした。タオルを握りしめて泣くしかできませんでした。

 

前駆陣痛から本陣痛に切り替わったのは朝の8時だったのですが、前駆陣痛ってこんなに痛いのかと驚きました。(痛みには個人差ございますのでご了承ください)

母や主人がそばについていてくれましたが、私はずっと号泣で、助産師さんに「どうしてこんなに痛いのですか?」と泣きながら聞くと、「もうすぐ赤ちゃんが生まれるからですよ」と冷静に答えられ、そりゃそうかと思いました。

「あなたは人より皮膚が薄いから、その分もしかしたら痛いのかもしれないね。あと妊娠中に少し太りすぎたから辛いのかもね」

と言われ、熱中症になるかなと思いサボっていたお散歩も、がんばって夜だけは毎日続ければよかったと少し後悔しました。

ですが後悔しても遅いので、この激痛を少しでも和らげるために、主人にテニスボールでお尻を押してもらって、友人には足を揉んでもらい、母にはずっと手を握ってもらいました。

 

前駆陣痛は生理痛の腹痛のきついバージョンだったのですが、本陣痛に変わると冷や汗、めまい、震え、足がつりそうになる、腰が本当に取れそうになる、などもう何をどうやっても痛い状態で、産まれる最後の3時間は痛みが1分間隔を切っていたので、本当に体力がなくなり、どの方向を向いてもとりあえず痛くて、家族や友人が隣で見ていてもお構いなしに雄叫びをあげておりました。

 

結局生まれたのはちょうど日付が変わり夜中の0時2分でした。

最後のいきみが痛いとか、股を縫われる時が痛いとか、友人やネットでいろいろ情報収集していたのですが、私はいつ終わるか分からないという恐怖と本陣痛の痛みが1番辛かったです。

 

特に私は痛みに弱かったので何度も諦めかけましたが、諦めたところで仕方ないので、自分の持っている力を最大限に発揮し何とか無事に出産することができました。

これから出産を控えているママさん達に言いたいのは、とにかく運動はしておいた方がいいと思いました。

つわりでなかなか食べられず体重が増えないと言う方もいると思いますが、産道が太ってしまうとこんなにも辛いんだなと実感しました。妊娠中の激太りにはくれぐれもご注意ください。

著者:にゃーみ

8月に初めて出産を経験しました。

初めてのことだらけでどれが前駆陣痛なのか本気陣痛なのかがわからなかったけど、経験したら全然違ったので驚きました。でもやっぱり出産をしてよかったと心から思いました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。