妊娠・出産・育児の情報サイト


想定外の連続!

f:id:akasuguedi:20191107144505j:plain

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

逆子が最後まで治らず、38週5日での予定帝王切開が決まりました。私の通っていた産院は、帝王切開当日の朝に入院です。当日は意思を固めて産院へ向かい、入院手続きを進める中で、熱が高いことが判明しました。

インフルエンザ大流行中の時期。実は、前日の朝から体調が悪かったのです。しかし帝王切開を控えているため、「なんともない、大丈夫」と自分に言い聞かせていました。

 

念のため、インフルエンザの検査をすると、30秒も経たないうちに陽性反応。もちろん予定帝王切開は延期です。タミフルを処方され、帰宅することになりました。

幸いにも熱は1日で下がり、予定日も近づいているため、39週3日での予定帝王切開が再度決まりました。経産婦でもあり予定日近いので破水しないようにほとんど寝て過ごしていました。

 

そして予定帝王切開の前日の23時ごろ。水がドバッと流れる感覚がありました。恐れていた破水です。すぐに産院へ電話して車で向かい、破水が確定。緊急を要するとのことでバタバタと準備が進み、破水の1時間後に緊急帝王切開の手術が始まり、0時34分に元気な女の子が生まれました。

 

幸い母子ともに無事でしたが、本当に出産は命がけです。生まれる方法なんて関係ありません。元気であればそれでいい。

2人目の出産は想定外の連続で、恐怖心もありましたが、元気に生まれてくれて感謝です。休日夜中の緊急帝王切開ということで費用面もドキドキしていましたが、自然分娩よりも安くすみ、保険が効き、医療保険からも費用がおり、結果15万ほどプラスになりました。

著者:こっちん

現在育休中、年子姉妹育児中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。