妊娠・出産・育児の情報サイト


コップの水をわざとこぼす娘を叱った後

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

ある日のお昼ご飯。レストランで娘と2人でランチを食べに行きました。

するとその店でコップに入った水をジャバー。娘は自分方に向けてこぼしました。娘のズボンとお店のイス、床に水がこぼれ落ちました。

お店という事もあり控えめに叱りました。2歳の娘は全く気にする様子もありませんでした。

 

そしてその日の夜。

自宅で水を飲むと言うのでコップに水を入れてテーブルに置くと、昼間レストランでやったのと同じ様に、コップを両手で持って自分の方に向けてゆっくりと水をこぼし始めました。さすがに1日に2度も同じことをして、床に大量の水がこぼれたのを見て、私も感情的になってしまいすごく怒りました。ペチンと手も出てしまい、娘は大泣き。

タオルを渡し自分で拭かせて、その後落ち着いてから、

「ママはお水を零されるのがとっても嫌なの。もうやらないでね」

と伝えました。

 

何故この様なことを娘がしたのかも考えてみると、娘はただそういう遊びをしていただけなんですよね。コップを傾けたら中の水が出るのを楽しんでいただけ。

なので

「お風呂の時に、お水ジャーってやっていいからね。でもお部屋やレストランでやるのはやめてね」

とも付け加えて伝えました。

 

そして、お風呂タイム。

プラスチックのコップを用意し、湯船に娘が浸かったタイミングで、コップを渡し

「ここでお水ジャーしてもいいからね」

と伝えると、とても喜んで他のおもちゃには見向きもせず、コップに水を入れて何度もジャーと湯船の外にお湯をこほしたり、コップを持ったまま湯船をバシャバシャさせたりをしばらくしていました。

 

娘のしている行動をただの「いたずら」や「いけないこと・悪いこと」と判断するのではなくて、

①何が楽しくてやっているのか捉える

②それを他の場所で思い切りやらせてあげることは出来るか考える

③ここではやってはいけないけど、こっちならやってもいいということを伝える

④実際にやってオッケーな場所でやりたいことをやらせる

というのが大事だなと身をもって体験しました。

著者:ハナミズキ

37歳で初産、現在2歳の娘を育てているアラフォーパート主婦です。

元幼稚園教諭です。

毎日ヘトヘトになりながら子育てしています。

体力もそんなにないので、とにかく無理はしないをモットーに子育てしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。