妊娠・出産・育児の情報サイト


帝王切開日がいつになるかハラハラ

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

双子妊娠で妊娠27週から管理入院を開始しました。特に問題もなかったため、のんびりとした入院。毎日のモニターで赤ちゃん達の心音聞いてほっこりする毎日でした。正直入院はしんどかったです。

 

38週での帝王切開を目標に毎日を過ごしていて、週一の血液検査の結果、白血球の数値が下がっていると指摘されました。「白血球の数値がこれ以上、下がれば、すぐに帝王切開をしないといけない」と言われて焦りました。

それから2日に1回の血液検査で、結果次第ではその日に帝王切開かもしれず、毎日ハラハラして過ごしました。そんな中でも赤ちゃんは元気で、毎日元気な心音を聞かせてくれました。赤ちゃん達は元気だと一安心できます。

 

一応の帝王切開日を来週に迎えた頃、おしるしがありました。血液検査の結果関係なしに、予定よりも早く帝王切開かなーと思ってドキドキ過ごしていると、予定日前の最後の血液検査で白血球の数値が下がり、「予定通り明後日に帝王切開ねー」と先生と話していました。

しかし次の日、またまたおしるしが!そしてお腹も張り出しました。モニターつけてもいつもの倍以上お腹の張りがあり、しかも頻繁です。それが夕方だったので先生と相談した結果、すぐに帝王切開することになりました。(38週2日)

 

帝王切開はドキドキだったけど、あれよあれよと進んでいって、逆にこのバタバタ感でちょっと恐怖が紛れたかもしれません。手術は全然痛くなくて、手術室の看護師さんが優しすぎて、赤ちゃん達も元気に泣いてくれて本当に良かったです‼️本当にお腹に2人いたんだと、改めて感じました。

バタバタ出産劇場でした。

手術の後の麻酔切れた時が痛すぎて、そこから数日間は動くのがきつかったです。

著者:双子ママ

30代初めての妊娠でまさかの双子👶👶

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。