妊娠・出産・育児の情報サイト


マタニティアルバムづくりはお早めに!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠がわかったときにやってみたかったことの一つに、マタニティアルバム作りがありました。大きくなるお腹の様子やエコー写真を記録するためのものですね。お店でかわいいアルバムを見つけて買ったものの…ひとつも記入せず、産まれた娘も2歳になってしまいました!

 

記録できなかった原因の一つ目は、エコー写真の枚数が多かったこと。私の行った産院では一度の検診で少なくとも3枚は写真をくださるのですが、妊娠中期以降になると検診の回数も増え、エコー写真もあっという間にたまっていきました。劣化しないようにコピーやスキャナでプリントし直ししたものをアルバムに貼るといいらしいのですが、なかなか作業が追いつきませんでした。

アルバムのページには限りがあるのに出産直前までエコー写真は増えてゆき、どの写真を貼っていったらいいのか選びきれなくもなりました。

 

二つ目はあとからエコー写真を見ても赤ちゃんの様子が思い出せず、記録のしようがなかったことです。産院で医師の説明を受けながらモニターを見ていれば、目鼻や手足の様子などもわかるのですが、写真にして後日見直すと、「あれ?この写真って赤ちゃんのどこを写してたんだっけ??」ということもしばしば。なので写真に添えるコメントも思い浮かばなかったのです。

 

三つ目はイベントの写真を撮っていなかったこと。アルバムにはエコー写真を貼るページのほか、「夫婦でおでかけ」など、妊娠中の家族の写真を貼るページもあったのです。私達夫婦は旅行にでも行けば写真を撮りますが、普段の生活ではお互いの写真を撮ることは殆どなかったので、アルバムに貼れるような写真は全くありませんでした。また、お腹の様子を撮り始めたのも、お腹が目立ち始めた中期ころからだったため、何だか中途半端になってしまいました。

 

四つ目はアルバムの開封が遅かったことです。あとでエコー写真がまとまってからでいいや、なんて考えてしばらく寝かせていたものですから、アルバムにどんなページがあるのかがわかっておらず、上記のとおりエコー写真を貼る枚数もしぼれなかったし、イベントページに貼れるような写真も撮れませんでした。

 

マタニティアルバムをちゃんと作りたい!という方は、早めにアルバムを購入して中身を確認し、何の写真を、いつ、何枚くらい準備すればいいのか計画を立てておくことをおすすめします。そして写真の整理はこまめに。

赤ちゃんが産まれるとなかなかマタニティ期の写真整理なんてできないので、後回しにしない方がよいかと思います。

著者:MU

2歳の女の子の母です。只今2人目の女の子を妊娠中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。