妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠糖尿病での食事制限

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠後期に入ると病院では血糖値検査が必須でした。今まで尿検査も引っ掛からず、家系も糖尿病の人はいません。食生活も自分なりに気を付けていたので、大丈夫だろうと気楽に受けました。

 

次の健診の時に結果を聞いてビックリ。先生から「妊娠糖尿病の疑いがある」とのことで翌週に再検査を受けることになりました。朝食にピーナッツパンを食べていたので、そのせいで血糖値が上がったのかもね、と先生に言われましたが、やっぱり不安で再検査までは、毎食野菜を食べて極力炭水化物を減らし、お菓子も一切食べずに過ごしました。こ

 

こまでやったのだから、大丈夫!と自信満々で再検査を受けましたが、更に翌週健診の時に結果を聞くと「ばっちり引っ掛けてる」とのことでした。今までお世話になり、入院手続きまでした病院の先生から

「リスクが高くなるからここでは出産できない。大学病院を紹介するね」

と言われ、その後の会話はあまり記憶がないくらいショックでした。赤ちゃんが将来糖尿病になる可能性が高くなることや、色々とリスクが伴うので申し訳ない気持ちでいっぱいでした。食べることが大好きな私にとって、食事制限をすることが辛く、病院の受付で涙が止まりませんでした。同行してくれていた夫に「食事制限は一緒に付き合うから」と励まされ、何とか気持ちを持ち直しました。

 

次の日は大学病院へ行きました。それから検査入院をし内科に通うことになりましたが、幸い症状が軽かったのか毎食の血糖値検査、分割食、インスリンは行わなくていいとのことでした。

油断は出来ないので野菜中心、炭水化物少なめの生活を続けています。時々惨めな気持ちになって泣きながらサラダを食べることもありますが、このお陰で体重管理はバッチリです。

 

ローソンには低糖質のロカボお菓子やパンが沢山あるので、ローソンに行くのが楽しみです(笑)インスタにも妊娠糖尿病で頑張ってる方がたくさんいて、食事を載せているのでかなり参考になりますよ。

妊娠糖尿病と診断された方、一緒に頑張りましょう☆

著者:ぴのこ

食べるの大好きな28歳(*^^*)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。