妊娠・出産・育児の情報サイト


聞いてた痛みと違う!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

38週まで逆子が治らず、逆子体操、お灸、針の甲斐なく、帝王切開が決定しました。身の回りで帝王切開の人がおらず、そうなると頼りにするのは、ネット検索!検索につぐ、検索魔となりました。

そこでは、だいたいの方が初めの腰椎麻酔が一番痛くて、以降は痛みを感じず、赤ちゃんが出てきたら、眠らされてお腹を縫合。起きたら、お腹の痛みがすごくて、赤ちゃんのお世話どころか歩くのもままならない。。。と書かれていました。

私もそのつもりで、腰椎麻酔をされて、

「あー、痛いな。針だし、でも我慢出来る。これが一番痛いなら問題ない。だんだん足が痺れてきたなー」と思っていました。

すると先生が「これ痛い?」と、どうやらお腹を細いピンセットでつまんでる?切ってる?ような痛みがありました。「痛いです。」「じゃあ、ちょっと待とう。麻酔効くまで」と、3回位繰り返したあとに、「もうこんなもんだよ。痛くはないよ」と言って、確実にお腹を切ってるのがわかりました。「痛いです。痛いです」と連呼し、看護師さんの

手を握りつぶすくらい握ってましたが、「押されてる感じだから大丈夫だよ」と先生も看護師さんも普通通りにすすめていきます。私はそれどころでなく、ぎゃーぎゃー喚いてたと思います。子どもが出てきて、泣き声をあげて、写真を撮られてる間も痛くて痛くて。感動とかそんなことはなく、ただ早く麻酔をかけて欲しいと思ってました。ネットの体験談と大違いで怒りさえ感じながら、喚いてました。

その後、病室に移されてからは筋肉痛のような痛みが腹部にあるものの、笑えないとか、体の向きを変えるのに死ぬほど痛いとか、はなかったです。翌日の離床、トイレ、食事、歩くのだって何にも問題なく、少しの痛みでした。看護師さんは動き出す前に痛み止めの座薬や飲み薬をすすめてきましたが、必要なかったです。この病院は帝王切開だと術後2日目から母子同室でしたが、全く問題なくお世話出来ました。

元々痛みに強いほうだとは思っていましたが、あの手術中の痛みは、今思うと緊張やら不安やらで、痛みが何倍にも想像されてたのかもしれません。次もし産むことがあれば、落ち着いて、リラックスして望みたいと思います。

著者:yossi-

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。