妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠高血圧症

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠36週になり、主人が出張から帰宅しホッとしたところ頭痛があり、自宅で血圧を測ると160台に。2日後に健診だったのと、寝る前だったのでそのまま就寝。

翌朝は120台にさがり、頭痛もなく過ごしました。その夜に破水し産院へ。陣痛もついたので、そのまま入院。その後、血圧がずっと高いままでした。

頭痛や目の前がチカチカすると危険だとのことで、何度も確認されましたが自覚症状はありませんでした。その時初めて知ったのですが、妊娠高血圧症だとお産が早く進むらしく、23時に破水し、翌朝4時には出産しました。

胎盤が出ると血圧がさがることが多いらしいですが、私は下がらず入院中は140~160台でした。アダラートという降圧薬を飲みました。また妊娠時高血圧症になり、その後高血圧がずっと続く人もいるということを知りました。

 

私は5日目で退院しましたが、1カ月健診まで血圧を1日に4回測り、高ければ降圧薬を飲むという生活でした。1カ月もしないうちに血圧は110~120台に戻りました。体重増加は計6キロで太りすぎたわけでもありませんでした。

34週の検診まで高血圧、むくみ、タンパク尿もなかったのに、お産の直前に高血圧症になりビックリしました。出産は産むまで何があるかわからないと改めて思いました。入院中、血圧測定が多く、血圧が高ければ赤ちゃんは別室預かりになったのが辛かったです。

著者:かおたろー

2014年に長男を出産。2018年12月に長女を出産。ワンオペ育児だけど、元気な息子と良く寝る娘と仲良く楽しく暮らしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。