妊娠・出産・育児の情報サイト


授乳後のトラブル

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

退院して少し余裕が出てきた時にふと気づいた右胸の痛み

 

見た目や母乳はなんともないけれど胸の上半分が爪で抓られているようなチクチク刺されているような強い痛みを感じて蹲ってしまうこともありました。

なにをしていても痛いし、夜間の授乳後も眠りたいのに痛くて眠れなかったり

もしかして乳腺が詰まったのか?と思ったけれど調べても症状が合わず、右で授乳するのが怖くなってどんどん回数が減っていました

 

状況を整理してみると

右を授乳後に必ず痛む。

痛みはだいたい1時間くらい続く

という事

でも詰まってる訳でもないし。とひたすら我慢をしていたら背中から脇にかけて痺れるような痛みも出てきて、耐えられなくて調べると出てきたのが

「授乳後に母乳を急いで作っているために痛くなる」というもの

 

これだ!と思ったけれど解決策が「赤ちゃんの飲む量と母乳が落ち着いてくれば良くなります」というもの

この症状になる方があまりがいないらしくて、症状の名前も不明。

他の人に言っても「何それ?」と言われるらしい。 実際私の母に言ったら「なにそれ」でした

とりあえず飲ませないことには体が慣れないのだと思いなるべく右での授乳を心がけたけれどすぐにどうにかなるものではなく。

 

その後、しこりができて母乳外来を受診して、その時に助産師さんにこの事を話してみたら「私もなの。つらいよねー」と言ってくれて仲間が見つかったような気分でホッとしました。

 

その後は里帰り終わって気づけば痛みは全くなくなり授乳が苦痛ではなくなり今では快適です。

 

病気でも大きなトラブルでもないかもしれませんが蹲ってしまうようなあの痛みは忘れられません。

 

著者:まゆみ

娘(4ヶ月)と4歳年下の夫と生活。 娘が可愛くて仕方ないです

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。