妊娠・出産・育児の情報サイト


我が子に会えた喜び

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

予定日を過ぎてから1週間後の早朝7時、お腹が痛くてトイレに起きました。

でも何度トイレに行っても便意は治らなくて、定期的にくる痛み。その時にはすでに6〜8分に1回発作的な痛みがきていました。こんなに早く痛みがくるんだから、まさか陣痛とは思いませんでした。

30分我慢したけどやっぱり陣痛では?!と思い、夫を起こしてから病院に連絡。「今すぐ病院に来てください」と言われ、すぐに向かいました。

 

病院に着いてすぐに内診。「子宮口6センチになってるから分娩台移動するねー」。え!もう産まれるじゃんやったー!と思いつつ移動したものの…。1時間、2時間と経過してどんどん間隔が短くなって、それでも「まだまだだね」と言われました。叫びまくって痛みに耐え、夫の手を思いっきり握って、違う!そこじゃない!と怒りながら必死に耐えました。

だんだんNSTの心音で、あ!もうすぐ陣痛くる!と分かるようになって、恐怖しかなかったです。

早く出てきて!お願い!とずーっと祈りながら今か今かと耐え続け、5時間が過ぎた頃、健診の時にいつもお世話になっていた副医院長が来てくれました。

「辛いなら、息止めていきんでみな」と言われ、言われた通りに。

するといきみやすい!!さすが副医院長!!!!

するとすぐに破水しました。

 

それから10分経った頃、「もう頭見えてきてるんだけど、会陰切開すればあと10分で産まれるかなー。しないとなるとあと20分はかかりそうだね」と言われました。

いいです!切ってください!!!

迷うことなく会陰切開を希望。もう陣痛から解放されたかった…。

すぐに切ってもらい、思いっきりいきむと頭が出てきました。頭を引っ張られて体を思いっきり引き抜く。それも壮絶な痛みでした。

すぽんっ!!

やっと解放された。感動よりも、解放感が勝りました!!!

 

オギャーオギャーと産声が聞こえて、ああ…終わったんだ…という喜び。

すぐに我が子を抱かせてもらいました。小ちゃくて、可愛くて、猿みたいな男の子。

夫もずっと可愛い可愛いと言ってくれました。

 

5時間20分のスーパー安産で生まれてきてくれた我が子。予定日超過して促進剤を使うはずだった日の朝に、自然と生まれてきてくれた我が子。

とーーーってもお利口さんな子でした。

3322gとちょっと大きめな子です。

頑張ってくれた我が子と、ずーっと手を握って付き添ってくれた夫に感謝感謝です。

そして5時間痛みに耐えた私!お疲れ様!!!(笑)

著者:あーくんママ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。