妊娠・出産・育児の情報サイト


一人目と全然違う

 

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

陣痛が始まったのは自宅で、夜中の2時からでした。

はじめは陣痛じゃないな、うんちだな。

と思ってました。

いきなり七分間隔だったのですが、まだ我慢できるくらいです。入院準備確認しようと色々してるうちに朝の六時、陣痛は三分間隔になっていました。

元々お産の進みが早い方だったので病院からは15分間隔で来てくださいと言われていました。

 

病院に着くと分娩台へ直行。内診と点滴をしてもらい「あと二時間で生まれますよー」と言われました。超安産じゃん!とか呑気に考えてました。

しかし子宮口4㎝。生まれるわけがありません。でも痛みは変わらずあります。

 

寝てる体制がしんどかったので、背もたれを上げきって足の裏を合わせたあぐらの体制が痛みを乗り切るのに一番よかったです。それから三時間。陣痛がどんどん微弱になっていき、陣痛の合間に失神すること一時間。ついに促進剤を使うことになりました。

もう聞いた瞬間に恐怖しかなくて、でも嫌だとも言えず点滴開始。

この痛みより強いのが来るのかと思うと、もう死んじゃう!!と心のなかで叫びました。「今いきんでも赤ちゃんが苦しいだけだよ」と言われ我慢するも、30分で助産師さんに「ごめんなさい、もう無理。もう生ませてください。ごめんなさい」と謝り倒して、内診してもらいお医者さんもきて、お腹を押されて息子を出産しました。

 

一人目のときはもう産む力も残ってなくて三人の助産師さんにお腹を押してもらって生んだので、お産はその都度違うんだなぁとすごく実感しました。

著者:くろすけ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。