妊娠・出産・育児の情報サイト


あっけなく卒乳

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

産後、寝不足やお世話の疲れからか体調を崩すことがとても増えていました。インフルエンザや胃腸炎に数回かかり、周りの協力のお陰でなんとか回復していたのですが、息子が1歳3ヶ月の頃、またもや私が体調を崩し倒れてしまい、入院することになりました。

 

1週間ほどの入院で息子は私の実家に預け、もちろん母乳はあげられません。ご飯をしっかり食べてくれる子だったので、母乳の回数は1日3回目ほどでした。私は今しかない授乳のスキンシップをまだまだ楽しみたいと思っていました。

入院中、いきなりおっぱいがなくなった息子を心配していましたが、母からは「全然平気そうだよ〜」と言われ驚き。体調も回復し退院後、おまちかねかとおっぱいをあげようとすると、乳首をくわえるもののニコニコこちらを見てまったく飲みません。それより「遊んでくれ〜」と、ゴソゴソしていました。何度か挑戦しましたが、そのまま母乳を飲むことはなく、あっけなく卒乳せざるおえませんでした。

 

ずっと母乳で育ててきて、きっと断乳って大変なんだろうな〜、おっぱいに絵書いたりするのかな〜、なんて考えていたのに、不意の卒乳に寂しくなったのは私の方でした。

著者:ままがえる

2歳差の男の子と女の子のママです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。