妊娠・出産・育児の情報サイト


「おしるし」から超安産まで

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

予定日当日朝におしるしがあり、急遽病院へ。診察の結果は、「子宮口は開いておらず、赤ちゃんも降りてきていないので、まだ全然産まれませんね」とのことでした。まだまだか...と思い、夕方には日課だったウォーキングをし、いつも通りお風呂に入り就寝しました。

その晩、23時頃から緩やかな痛みがありました。まだ先と言われていたため、痛みを紛らわせながら寝てみます。が、夜中の1時頃には痛みで目が覚めました。痛みの間隔を図るとすでに7分間隔に!これはもしや陣痛では、と思い、母を起こして病院に行く準備をはじめました。最後にズボンをはこうと足をあげた瞬間、パンッという音とともに破水&大洪水。

 

慌てて病院にかけつけたところ、すでに子宮口は7センチ開いた状態に。助産師さんには「ここまで開くのに初産だと時間がかかるんですよ。よく我慢しましたね」と言われる始末。結果、病院についてから陣痛室に3時間、分娩室にうつってからは30分で出産。初産にしては超安産でした。

 

出産時は、もちろん壮絶な痛みがありましたが、赤ちゃんの方が頑張っているのだから、弱音は吐くまいととにかく夢中でした。

おしるしがあってから出産まで、私は1日程度でしたが、赤ちゃんに会える日は近いことだけは確かだと思います。

著者:匿名希望