妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠糖尿病の食事管理はツラいよ

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠糖尿病が分かったのは、妊娠5ヶ月に入ってすぐでした。すぐに検査入院となり、1日に6回採血が行われ、血糖値等の動きを見てもらいました。

私の場合は食後2時間経った時の血糖値が高いタイプで、即インスリンでの治療が開始されました。

 

入院中に栄養士さんから食事の指導を受けましたが、自宅に戻ってからは血糖値が高くなる事が多くて、インスリンの量がじわじわ増えていきました。しかし、時には低血糖になったりして、何度も病院に電話相談してインスリンの量を調整してもらっていました。

 

妊娠糖尿病になり、体重の増え方の制限も厳しくなり(最高で6kgまで)、インスリンの量がじわじわ増えていくのも怖くなり、自分に合った食事管理の仕方を探す事にしました!!

 

栄養士さんから、主食は赤ちゃんにとって栄養源になるから減らさないように!!と、言われていましたが、指定された量を普通に食べちゃうと血糖値がぽ~ん!!と上がってしまう為、血糖値をチェックしてくれている内科の先生に相談し、まずは6回食へ変更。

次に、現在流行っている糖質オフの食事に着目し、今の自分に必要な糖質量を割り出して、食事を作る事にしました。

 

また食べる順番にも気を付け、血糖値が上がりづらくなるように気を付けました。

コツがつかめてくると、分食でチョコレートやドーナツを食べたりして、気分をリフレッシュしていました♪

 

結果、切迫早産で入院するまではインスリンの量を毎食前2~6単位で維持し、血糖値もほぼ基準値をキープできました。

入院してからは病院のご飯の量がめちゃくちゃ多くて、結局インスリンの量が倍に増えてしまいましたが、体重は出産直前で妊娠前の 2.5kgまでしか増えませんでした。

子供は順調に育ってくれていたので自分の体重が増えていなくても全く問題が無いそうで、看護師さんからは体重管理がバッチリだったね!!と、褒められました。

 

管理入院になるまで、食事の準備やインスリンが凄く辛く感じてしまう時もありましたが、今元気に育っている子供の姿を見ると、挫けずに頑張ってきて良かったなぁ~と、実感しています。

著者:ぴよん2571

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。