妊娠・出産・育児の情報サイト


超スピード出産

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

予定日まで10日となった日、午前中の妊婦健診で初めて内診をしました。先生からは「予定日まではかからないでしょう」と言われたので、「一人で出歩くのもあと数日かー」などと思いながら、ランチや軽くウィンドウショッピングをして帰宅しました。

 

夕方になりソファーで横になっていると、チョロチョロと何かが漏れる感覚が…。トイレに行くと少量の出血もあり、破水かも!と慌てて病院へ連絡。受診してくださいと言われ、念のため荷物をまとめて受診。検査で破水が確定しそのまま入院になりました。

 

まだ陣痛らしき痛みはなく、助産師さんから「朝まで陣痛来なかったら促進剤」と説明を受け、「夜ごはんから出るからねー」と言われ、夜通し戦う覚悟でドキドキしながらも、まだ余裕がありワクワクもしていました。すると食事が届いたあたりからお腹が急に張り始め、その後突然に息みたい感覚に襲われ震えが止まらない!とても食事どころではありません。

ナースコールで駆け付けた助産師さんが、私の豹変ぶりに驚き内診すると、「これはもう産まれるね」とすぐに分娩室に移動。あれよあれよという間にお産は進み、気付いたら赤ちゃんを抱っこしていました。

 

仕事を終えた夫が到着してから20分後のことでした。テニスボールでお尻を押す任務に張り切っていた夫は、全く出番無く呆然。母子手帳に書かれた分娩時間は2時間半…。後々、助産師さんから「痛くなったのって◯時くらいだったよね?」と聞かれたのには「それ私に聞くー?覚えちゃいないよ!」と驚きましたが、助産師さんが一番焦ったんだと思います(笑)。

初産でこれだけスピード出産だったので、安産赤ちゃんには感謝していますが、もし二人目があったら恐ろしい気もします。

著者:匿名希望