妊娠・出産・育児の情報サイト


前置胎盤で出血

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

16週の頃、仕事中にティッシュで拭いたら付着する程度の出血がありました。1回きりですぐに止まったため、特に次の健診でも先生に報告はせず普段通りにすごしていました。

 

そして22週再び少量の出血。健診当日だったため、その際は先生に報告しました。先生は慌てた様子で内診され、診察にて前置胎盤が発覚しました。

完全に子宮口を塞いでいる全前置胎盤というものらしく、帝王切開になる可能性が高いこと。出血が続くようであれば、母体の命を優先して早産の時期でも手術を行うという説明を受け、頭が真っ白になりました。

 

そのまま仕事も病休となり、里帰りをして張り止めの副作用と戦いながら寝たきりの日々。イメージしていたマタニティライフとは違いましたが、赤ちゃんが1日でも長くお腹にいてくれることを願いながら過ごしました。

 

最後は神頼みなので、毎晩寝る前に胎盤あがれーあがれーと念じていました。

その効果もあってか、32週の健診では子宮口から5cm胎盤が離れるほど上がっていることが判明し、このままいけば経膣分娩ができると言われました。

 

これからは安静も解除になったので、出産準備も自分の目で見てできるんだと思うと、わくわくしています。

著者:ござる

32週、初マタです。

先輩ママさんたちのオススメの育児物品をインスタグラムで探すのが日課です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。