妊娠・出産・育児の情報サイト


少人数での定期的な集団接種でスケジュール管理も楽々♪ 離島の予防接種事情 by まつざきしおり 

こんにちは!まつざきしおりです。

瀬戸内海の直島在住。
お米大好き!のんき女子みーたん(5才)、うさぎのこむぎ、の母さんです。

 

今回は、子育てしているお母さんなら誰もが大変さを痛感する、
予防接種に関するお話です。

f:id:xybaby_ope_01:20191015121046j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20191015121059j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20191015121112j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20191015121124j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20191015121137j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20191015121151j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20191015121204j:plain

島での子育てでよく聞かれることのひとつに、
予防接種はどこで受けるんですか?」
「島外の病院まで行かないとだめでしょうか?」
というものが挙げられます。

いやほんと、私も子どもを生んで、予防接種の多さにびっくりしました!

毎月の如く受ける予防接種の嵐…!

おまけに当日に限って子どもの体調が悪かったり、ものすごく機嫌が悪かったり。
なかなか思うようにいかず…。

親子共々、エネルギーがガツンガツン削られる、楽しさ皆無のイベントなので、
できることなら、極力そのストレスを減らしたいところですよね。

 

島では、集団予防接種が実施されています。

役場が情報を管理してくれ、
毎回、予防接種のお知らせの紙も届くので、接種もれがなくて安心です。

こういう管理が苦手な私には、本当にありがたいシステムです。

(ちなみに単独接種ではなく同時接種なので、1度に左右の腕に1本ずつ打つこともあります。予防接種を受ける頻度は、多くて月に1回程度です。)

 

子どもの人数がそんな多くないので、
予防接種の受付が開始されてから、最後の人が終わるまで30分程度です。

また、子どもが小さい頃は、家に引きこもりがちで、ママ友ができる機会もないので、
こういった時に、顔見知りの人ができるのもありがたかったです。

我が子より少し大きい月齢の子を見て、
「ほほう。もう少ししたらこんな感じになるのだな…。」と知ることもできました。

 

と、今回は島の予防接種事情に関してお話させていただきました!
またこういった、島の医療関係のお話もできたらと思います。

ではでは〜!

 

f:id:akasuguedi:20180516102637j:plain

著者:まつざきしおり
年齢:アラサー
子どもの年齢:5歳

瀬戸内海の小さな島在住イラストレーター・漫画家。
のんき系5歳児みーたん、麺好き父さんと暮らす。
極度の甘党で、夢は巨大パフェを食べること。
趣味は純喫茶巡り、古食器集め。

instagram@matsuzakishiori
blog:なおしまぐらし
twitter@matsuzakishiori

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。