妊娠・出産・育児の情報サイト


この子なりの成長

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

子供は2756gで産まれました。

産まれた時の検査では異常無し。

しかし、4ヶ月検診での測定では身長体重共に成長曲線の下を通っており、1ヶ月後に再検診となりました。そこでは微量に増えていたため、かかりつけ医での定期的な検診を言い渡されました。かかりつけ医でも検診の度に「来月も測りましょう」と言われ…毎月毎月微量に成長していくわが子。2日差で産まれた友達の子供とは、徐々に大きさの差が顕著に感じられるようになっていきました。

 

1歳の検診でも再検診となりました。しかし、1歳3ヶ月の検診では次回の検診を言い渡されませんでした。

体重が通常の傾きで増えたのです!

理由は1歳1ヶ月で行った断乳でした。子供は断乳後もりもりご飯を食べ、すくすくと大きくなったのです。

授乳中のおっぱいの出は悪くなく漏れる程出ていたので大きくならないのは食のせいではないと思っていましたが、食べ物が変わるとこんなにも変わるのかと驚きました。

子供の体がふっくらとして普通の赤ちゃんのようになり、ほっぺもぷにぷにと垂れる程になりました。

ああ、これで安心だ。と、ふっと肩の荷が降りたようでした。

著者:なべ子

一児の母です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。