妊娠・出産・育児の情報サイト


そんな事ってあるの?

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私が第一子を出産した時の話。

予定日を一週間過ぎても生まれなかったため、促進剤を使って産むことになりました。

陣痛が少しずつ始まり、間隔がだんだん短くなって来た時、助産師さんから「呼吸をもっとしっかりして」と言われました。自分ではちゃんとしてるつもりだったのですが…なかなか上手にできてなかったのです。私の呼吸が浅かったため、赤ちゃんに十分に酸素が届いていないとなってしまいました。

 

そして、このままでは危険だと判断されて、緊急の帝王切開になりました。まさかこんな事になるとは思わず、自然分娩で産めると思っていたので悲しくなり、突然の事で心配で涙が出てきました。

でも、赤ちゃんが無事に生まれてきてくれる事が一番です。帝王切開に臨みました。

 

赤ちゃんをすぐに抱く事は出来ませんでしたが、生まれてきた赤ちゃんを見た時には、涙でいっぱいで、とても嬉しかったです。

陣痛を少しは体験し痛みが増してくるなか、その痛みに耐えられたかなぁと思うと、帝王切開は帝王切開で良かったかなと思っています。

著者:さな

第一子を緊急帝王切開で出産。

第二子も帝王切開で出産。

兄妹の母です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。