妊娠・出産・育児の情報サイト


茶オリが続いた3日間。周囲のすすめで受診したら…

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

15w3d、おや?と思うような、ちょっと多めの茶オリが下着につきました。一日のうちに、4,5回は出てるな、くらい。甘くみてたら、前置胎盤の疑いでした。

 

茶オリ1日目。初期から多少の茶オリはちょこちょこあり、医者に問題なしと言われていたので、「あー、また子宮が大きくなる時の出血かな」と考えていました。

お腹も多少痛いかな、くらいでしたし、トイレットペーパーにつくほどでもなく、気づいたら下着が汚れているという状況。悪阻が終わり、すこぶる体調が良かったこともあり、「まあ、そんなこともあるよね!」と楽観していました。

 

しかし翌日も同じ量の茶オリ。なんだか赤っぽくなってきてるような…?ここにきて、少し不安になり夫に報告しました。話し合った結果、少し仕事は控えめにして様子を見よう、ということになりました。

 

茶オリは変わらぬまま、3日目。職場のおばちゃん達に相談しました。すると、「病院行ったほうがいいんじゃない?!」と思いのほか、大騒ぎに。その場で、欠勤届を書き、次の日に病院行くことになりました。

そう心配されると自分もにわかに心配になり、仕事中も「もし流産になったら…」などと、妄想を膨らませてしまい、勝手に涙ぐむ始末。流産してるならもっと激しい出血になる、と分かっちゃいるのですが、妊婦は情緒不安定になりますね…。

 

結局、15w6dに病院を受診しましたが、

胎盤が子宮口にちょっとかかってるね。それで出血しやすくなってるんだね〜」という診断。お腹の我が子は、エコーで腕をフリフリしてて、めっちゃ元気でした。

ただ、赤ちゃんの成長に影響がないとはいえ、出血は無いほうが良いそうで、胎盤の位置が上がるまで、自宅安静の指示が出ました。

 

今回のことから、自分達だけで考えてモヤモヤするより、周りの人に話を聞いてもらったほうがいい、と感じました。いろんな人に妊娠を喋れば、ありがたいこともあります。

今回の場合、職場にお休みをお願いした時も「やっぱり!私らの言うとおりにして良かったでしょ〜」となんだか誇らしげで、すごく快く承知してもらえました。

胎盤問題はまだ続きますが、「職場の人達は味方」という気持ちで休めるのは、とっても気持ちが楽になります。普段からの相談、大事です。

職場のおばちゃん達に感謝です。

著者:sibaaa

28歳、初マタです。

肉体労働系のフルタイムパートをしています。

パートナーはサラリーマンの優しい旦那さん。

ただいま、前置胎盤疑いで自宅安静中…。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。