妊娠・出産・育児の情報サイト


中学時代のダイエットからの生理不順

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

小さい頃から太り気味だった私は、中学生の頃ついにダイエットを決意!そのおかげで10キロ痩せましたが、生理がきたばかりだったのにすぐにこなくなり、そこから生理不順になりました。

高校から病院に通い出し、ホルモン剤など使って治療。生理不順は治らず、社会人になってもずっと病院通いでした。

 

30代になり結婚したいなーと思うようになり、婚活し彼氏ができた頃に、子宮頚がんの検査に引っかかり精密検査をしました。結果は軽度異形成だったので、要観察に。生理不順もあるし、もう子どもができないのではないかと悩みました。

でも彼は「子どもができなかったとしても大丈夫」と言ってくれたので結婚しました。

 

本格的に妊娠したいことを病院の先生に相談し、排卵誘発剤を服用し、基礎体温をつけ、排卵確認をしに病院へいきました。私はなかなか排卵しづらい多嚢胞症候群と言われていたので、3ヶ月排卵しないこともあり、タイミングも難しかったです。

ある日、「もうすぐ排卵しそうよ!」と言われ注射を打ち、その日からしばらく主人とタイミングを取りました。

 

そして奇跡的にそのあと妊娠することができました。主人の協力もあったからだと思います。

生理不順でも排卵しにくくても、妊娠できるんだと分かってとても嬉しいです。

著者:しんちゃん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。