妊娠・出産・育児の情報サイト


顕微授精の選択

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

姑さんのすすめもあって、結婚半年たったころに産婦人科でタイミング療法をうけていました。不妊原因がないか知りたくとも、不妊治療を専門にしているところでないとダメだという知識がなく、夫が行く気になった結婚2年半目にやっと専門の病院に行きました。調べてもらったところ、夫が軽度の不妊とわかりました。

 

精子の段階が4段階にわかれるそうで、1段階は正常2段階目から不妊のようです。夫は2段階目でしたので、手術の必要がなく薬とサプリのみでした。

それでも、夫の精子ではタイミングも自然妊娠も無理とのこと。精子数は非常に多いのですが、奇形精子ばかりで運動率も悪いと診断されました。

 

今まで市販の検査薬で4週頃に陽性反応が出たことがありましたが、持続せず4週が壁となっていました。精子のせいだったのだなと理解できて、対処もできると安心しましたが、私の卵子数が残りわずか。

初受診の月に体外受精の準備を始め、それでも3ヶ月後になるということで人工授精を2ヶ月目にしましたがうまくいきませんでした。体外受精にむけてさらに注射の日々。

 

血管が細くてすでに私の血管は固くなり、採血が辛く、採卵の時の点滴も何度もさしても入らず、手首でなんとか通りました。看護婦さんには痛みをふせて採卵してもらった時には、すぐに次をするつもりでしたが、半年以上休みたいなと気持ちが萎えてしまいました。

 

なんとかとれた4個の卵子。

薬の効果で正常値になった精子も奇形精子の数もまだあることからも、自然に任せず、顕微授精で精子を入れてもらい、奇跡的に全て受精でき、1番状態の良い10bを移植してもらいました。

 

病院の先生で教えてくれるかたは少ないと思いますが、今回担当した先生から、やはり胚盤胞まで育てるのはお腹の中の方が断然環境がよいと言われました。卵子数が少なく、胚盤胞までまたずにすぐに移植となりました。

無事に妊娠する事ができ、今は安定期もすぎました。

 

残った受精卵はやはり胚盤胞にならずでしたが、不妊専門の病院に行く半年前に、葉酸に追加して製薬会社のミトコンドリアのサプリを飲み、卵子がサプリの影響を受ける3ヶ月前までには飲み始めることができたのも、今回顕微授精に耐える卵子になったのだと思います。

 

不妊は男女50%ずつ原因があります。

私は今回妊娠率には影響しませんでしたが、一般的な人より妊娠できる期間が10年短く、急ぐ必要があること。

もっと早く専門の病院で調べていれば、夫の原因を知ることができたと思います。人工授精でのトライに希望がまだもてたことを考えると、他の方には結婚したら、家族には内緒で検査でだけでも受けるのをおすすめしたいです。

 

検査だけなら、診療代含めて3万くらいだったと思います。不妊治療にはいっても、人工授精なら2万くらいでできますし、万が一の精子凍結も2万くらいです。

体外受精をしようと思うのが早ければ早いほど、体への負担も軽く、人によって受けられるか制限がありますが、補助金で約40万まででます。

制限は年齢、収入だけでなく、回数もあったかもしれません。今回顕微授精で約40万かかりました。

補助金が我が家はおりませんでしたが、確定申告が間に合えば10万はお金が戻ってきます。

 

顕微授精は怖いものではありません。夫の精子の場合は正常値になっても奇形精子も多く、良い精子を選んでもらえる顕微授精で良かったと思います。

あとでと考えてその時に体外受精の道のみと急ぐことになるより、あとでも可能かと夫婦できちんと調べる事が本当に必要なことです。

著者:ライス

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。