妊娠・出産・育児の情報サイト


子宮頸管の短めな私が妊娠15週で受けた子宮頸管縫縮術

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私は以前、子宮頸がん前癌状態により、円錐切除を受けていました。その為、普通の妊婦さんより子宮頸管が短めであり、妊娠中のリスクは心配していました。

私の通う産婦人科では、私のように子宮頸管が短めの人・双子妊娠中の人には予防の意味で12週~安定期頃までに子宮頸管縫縮術を実施しているとの事で、10週の診察時に手術の詳しい話を聞きました。

 

15週5日で手術を実施。マクドナルド法との事でした。全身麻酔での手術でしたが、30分程度で終わりました。

お腹の張りを抑える為の点滴が3日間続き、その後飲み薬に変わりました。入院は約一週間。お腹が大きくなる前の安定期までに手術できたことで、手術自体のリスクも軽減することができたようです。

術後痛みもすぐなくなり、翌日には点滴をしながらも普通に歩き、食事もすることができました。

この手術を受けるべきだと言われたときはとても不安になりましたが、意外と経験されてる方は多いと聞きました。

手術自体も簡単なので、身体への負担もあまり感じません。もし不安に思う方がいらっしゃれば安心してほしいです。その後の妊娠生活での安心も得られるといいですね。

著者:みき

高度不妊治療からの初妊娠。

待望の第一子妊娠中です。

子宮頸がん前癌状態からの円錐切除も経験済み。

リスクを乗り越えて無事出産が目標です(*^^*)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。