妊娠・出産・育児の情報サイト


はじめての集団生活でノロウイルス感染!職場復帰2日目でがっつり有給消化することに… by hibik

f:id:akasuguedi:20191029080551j:plain

慣らし保育も無事終了しホッとしていた復帰1日目の夕飯時、ひーくんが突然嘔吐しました。

嘔吐は1回のみで食欲もあり機嫌もよかったのでその日は「食べ過ぎたのかな?」と思って過ごしました。

f:id:akasuguedi:20191029102727j:plain

 

次の日のお迎え時も特に保育室で変わった様子はなく、念のため小児科にも行きましたが「風邪かな~」と診察され少しモヤモヤしながら帰宅しました。

f:id:akasuguedi:20191029102805j:plain

f:id:akasuguedi:20191029102818j:plain

その日はまた夕飯時に1回嘔吐したので、寝る前に「明日また病院に行ってみよう」と思ったその時、ひーくんがせき込んでベッドの上で嘔吐しました。

そのあと抱っこしている間にも嘔吐して、はじめての我が子の異変に夫婦で必死に対処したのですがこれが後々自分たちを苦しめることになります。

 

次の日改めて違う小児科を次の日受診したら・・・

f:id:akasuguedi:20191029102842j:plain

ノロウィルスかな~。う~ん、胃腸炎だね!」

と診断されました。

そして先生に「お父さんとお母さんにもうつっているかもね~」

という言葉を言われたその夜・・・

f:id:akasuguedi:20191029102857j:plain

見事に時間差で2人ともがっつり胃腸炎を発症しました。

自分が胃腸炎になった記憶がなかったこともあり、かなり苦しみました。

感染力の強さにびっくりすると同時に自分達の初動をとても後悔しました。

f:id:akasuguedi:20191029102914j:plain

結果、2日間復帰して、そこから有給を早速がっつり使うというドタバタなワ―ママ生活がはじまりました。

結局家族3人胃腸炎にかかり、回復するまでのクリスマスから年末までグロッキ―な日々を過ごしました。 

腸炎の知識や情報不足だった自分たちの無知さを思い知ると同時に、胃腸炎は最初の対処方法と、いかに二次感染を防げるかが大切なことを身をもって体験することができました。

 

そろそろ風邪や胃腸炎が流行ってくる季節・・・。私も今年の準備を早速はじめようと思いました。

 

f:id:akasuguedi:20190228122312j:plain
著者:hibik
年齢:33歳
子どもの年齢:5歳と2歳

慎重派の長男ひーくん(2013.12生まれ)とちゃっかり者の長女すーちゃん(2016.4)を育てるワーママ。仕事のリフレッシュも兼ねてInstagram育児日記を公開しています。

インスタグラム:@hibik0511

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。